良い借金と悪い借金を理解しよう

【コラム】良い借金と悪い借金

新井まさひろです。

今日は良い借金と悪い借金をお伝えします。

多くの日本人は「借金=悪」だと思っていますが、

それは固定概念にしかすぎません。

 

というのも、借金には2種類存在し

良い借金と悪い借金があります。

良い借金とはその借金を使って資産を購入したりして

借金以上にリターンを生む投資を行うものです。

たとえば、不動産などがそれにあたります。

 

悪い借金とは自己の欲望のために消費を行うものです。

たとえば、ブランド品を購入したり、

車のローン、家のローンを買ったりするものです。

クレカのリボ払いでブランド品を購入している人は

一生、金持ちになれないと思っています。

 

もし、借金がすべて悪なら

ソフトバンクは非常に悪い会社になります。

しかし、日本を代表する会社ですから、

借金というのは2種類存在すると証明できるわけです。

 

いずれにせよ、常識や固定概念に縛られすぎて

お金に関して視野が狭い人が大勢います。

だからこそ、常識や固定概念を疑うことが重要です。

借金についてもそうですが、

自身でコントロールすることができれば、

金持ちになるチャンスを手にすることができるのです。

 

あなたもこの良い借金と悪い借金の違いから

広い視野を持つことをおすすめします。

お金を稼ぐにしてもサラリーマンとして出勤しないと

稼げないと思っている人はたくさんいますが、

今の時代、ネットがあれば場所を問わず稼ぐことができます。

つまり、知っているか知らないか、

常識の範囲で生きているのか、

常識を疑って生きているかの違いなのです。

 

(参考記事)→だれと仕事をするのかが成功の鍵




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です