【全13種類】ANAマイルを貯める方法まとめ

この記事では【全13種類】ANAマイルを貯める方法まとめについてお伝えしていきます。

また、マイルを効率的に貯める方法を解説していきます。

これを見れば、より多くのマイルを貯める知恵を身に付けることができるでしょう。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

飛行機に乗ってANAマイルを貯める方法

ANAに限らずマイル・マイレージというのは基本的にはANAの飛行機に乗ることでもらえる「搭乗ポイント」です。

つまり、もっとも基本的な貯め方は飛行機に乗って貯めるということ。

ただ、普段飛行機に乗らず、陸でマイルを貯める人を「陸マイラー」と呼びます。

参考:出川哲朗氏がCM出演する大注目のハピタスとは?

 

クレジットカードを使ってANAマイルを貯める方法

ANAのマイルを貯める時に、飛行機に乗るということ以外で貯めるとすると、

もっとも代表的なものとして挙げることができるのが「クレジットカード」を使った方法です。

 

クレジットカードの利用で直接、あるいは間接的にANAのマイレージを貯めることができます。

ここではANAのマイルを貯めるという前提での還元率の高いクレジットカードなども存在します。

 
 

ポイント交換やポイントサービスでANAマイルを貯める方法

 

ANAのマイルはポイントとして非常に人気が高いです。

それだけにANAのマイルと提携しているポイントサービスは沢山あります。

そうしたポイントとの交換によってもANAのマイルを沢山貯めることができます。

そこで貯めるのも効果的です。

 

おすすめは「ハピタス」というポイントサイトです。

これはアンケートや口コミ、モニターをすることで

マイルを獲得することができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

※こちらから登録するとマイルを効率的に獲得できます。

会員数も急激に増えていますので、今のうちに登録しておくことをおすすめします。

 

その他の方法でANAマイルを貯める

フライト、クレジットカード、ポイントサイト以外の方法でも色々な企業やサービスがANAのマイルを貯めるサービスを提供しています。

小さいポイントですが、ちりも積もれば山となるという言葉がある通り、上手に色々なサービスを活用すればそれなりにマイルが貯まりますよ。

 

給与振込だけで年に600マイルがもらえるスルガ銀行ANA支店

 支店名に「ANA」とつくだけあってANAマイラーの方には嬉しい銀行が「スルガ銀行ANA支店」です。

給与振込を設定すれば毎月50マイルがもらえます。

その他定期預金などでもマイルが貯まる預金が用意されています。

 

普段使う銀行は新生銀行にしてANAマイルとTポイントを貯める

銀行の口座開設やサービスの利用、定期預金などでANAのマイルを貯めることができます。

特に定期預金の利用などでは金利がほとんど付かない現状を考えるとマイルで貯める方がよっぽどお得になるケースも沢山あるはずです。

上手に活用しましょう。 

 

投資信託はSBI証券で買うとANAのマイルが自動的に貯まる

将来の資産形成の一環として「投資信託」のサービスを利用している方もいるかもしれません。

そんな方にお勧めなのが投資信託でANAのマイルを貯めるという方法です。

いくつかの証券会社では、投資信託の購入や保持でANAマイルを貯めることができます。 

 

ガソリンスタンドはエネオス+ANAカードでANAマイルの二重取り

エネオスのガソリンスタンドを選ぶ時はANAカード(クレジットカード)で決済すると

100円につき1マイルがもらえます。これはクレジットカードのポイントとは別にカウントされるので二重でマイルを貯めることができます。

 

多くの人が無駄にしているANAグルメマイルで食事をしてマイルを貯める

マイルが貯まる全国のレストランガイド「ANAグルメマイル」には、お店の利用(ANAマイレージクラブカードの提示)でマイルが貯まるレストラン情報がまとめられています。

 

掲載店では食事をしてANAマイレージクラブカード(or ANAカード)を提示することで100円につき1~2マイル貯まります。

(ANAカードでカード決済すればカードのポイントももらえます) 

 

ANAのふるさと納税を活用してANAスカイコインを貯める

2016年4月からANAがふるさと納税のポータルサイトとなる「ANAのふるさと納税」のサービスを開始します。

ふるさと納税の返礼品(お礼の品)の紹介や寄付の受付の他、観光情報なども発信するそうです。

さらに利用者に対しては「ANAスカイコイン」の付与も予定されています。 

 

ANAのホテル予約サイトANAの@ホテルでマイルを貯める

ANAの@ホテルはANAのサイト上で予約が可能なホテル予約サービスです。

航空会社のホテル予約サービスと言うことで旅割などの「格安航空券とホテルの組み合わせ」が可能なプランも多いです。

 

100円の利用につき1マイルがもらえ、さらにプラスマイルがプラスされるプランもあります。

ホテル代金をANAカードで支払えば事実上のマイル三重取りが可能になります。 

 

So-netの格安sim「MILEAGE SIM」で余った通信をANAマイルに交換して貯める

色々な会社が参入している格安simと呼ばれる通信サービス。

中でも2016年にサービスを開始したSo-netの「MILEAGE SIM」は、ANAマイラーの方にお勧めのサービスです。

契約で250マイル、毎月20マイルが無条件でもらえるだけでなく、契約したデータ通信量が余った場合、余った分をANAマイルと交換してくれるのです。

 

トリップアドバイザーの口コミ投稿でANAマイルが貯まる

トリップアドバイザーという旅行情報のサイトはANAのマイレージ会員番号と連携しておくと

口コミを投稿することでマイルが貰えるというキャンペーンをずーっと実施しています。

残念ながら一昔前と比較すると付与率が低下しましたが、

ちょっとした空き時間に口コミを投稿してみるのもひとつです。

 

まとめ

以上、【全13種類】ANAマイルを貯める方法まとめでした。

クレジット決済や飛行機でマイルを貯めるとなるとお金がかなりかかりますから最もおすすめな方法はハピタスのようなポイントサイトを活用することです。

 

わたし自身、このサイトを活用することで2017年の1年間で89万マイルを獲得することができました。

これからマイルを貯めていきたいという方にはハピタスへ登録してみてください。




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です