【保存版】初心者でも分かるANA上級会員になる方法

この記事では【保存版】初心者でも分かるANA上級会員になる方法をお伝えしていきます。

ANAの上級会員になることで高いステイタスを得ることができます。仕事上でもブランディングとして利用することができますので、この記事をみて目指してみてはいかがですか?

初心者でも分かるように丁寧に解説していますので、最後までご覧ください。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

ANA上級会員とは?

ANAには上級会員になることで、一般の方とは違う様々な特典を得ることができます。

一般的には「ステイタス」と呼ばれたりしますが、正式には「プレミアムメンバーサービス」です。

最近では、日テレ「沸騰ワード10」にて、ジャーニーズJrの風間俊介さんがステイタスを目指すために飛行機を短時間で乗り換えていくといった、まさに「修行」を行なってる番組ですね。

 

ANAに限らず、各航空会社の上級会員資格は、各社の規定をクリアすることが前提となります。

1年間を通じて各社の飛行機に乗ることによって条件がクリアされ、翌年1年間は、上級会員資格付与と同時に上級会員の待遇を受けることができます。

 

ANAの上級会員になるメリット

会員ランクとしては、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド、SFC会員のランク別に異なりますが、

  • ANAラウンジ利用や座席クラスのアップグレード
  • 優先予約(特典航空券予約を含む)
  • 優先チェックイン
  • アップグレードポイントの付与
  • フライトボーナスマイルのアップ
  • コンシェルジュサービス
  • 国内線予約の先行受付
  • 国際線手数料の免除
  • 羽田空港駐車場の優先予約

 

などさまざまな特典が用意されています。

これだけでも充分すぎるラインナップなのですが、この他にもまだまだたくさん特典があります。

お客様に、最上級リラックスしてもらい、手続き等をスマートに行い、ANAの最上級のおもてなしという感じですね。

取得するのは大変ですが、その分ステータスも高いということですね。

 

航空会社のラウンジについてはフライトまでの間、利用承諾された人だけが利用できる待合室のような部屋です。

事前に申し込みをしておけば、一般の方も利用できますが、有料となりますので航空券やその他関係する費用のほかにラウンジ利用料がかかりますので、コストが高くなります。

 

また、搭乗する際には航空券のチェックなどを受けることになりますが、ビジネスクラスでのチェックインが可能となるため、混雑することなくスムーズに搭乗手続きを済ませることができます。

手荷物検査についても同様にあまり時間もかからずに終了してしまいます。

このようにさまざまな特典があり、ほかにも細かな特典がたくさんあります。

【保存版】賢く貯めて稼ぐこともできるポイントサイト

2018.06.12

 

上級会員になる方法

ではここから、ステイタスへの道のりをご紹介していきます。

簡単に言うと、たくさん飛行機に搭乗して「プレミアムポイント」を期間内に貯めることで達成可能です。

期間は1/1〜12/31までの1年間になり、ステイタスが段階的にUPしていく仕組みです。

 

その年に貯めたプレミアムポイントによって翌年度のステイタスが決定します。

そして4月から1年間に渡って特典を受けることができます。

ではここから、獲得条件をご紹介します。

大量にマイルを獲得する陸マイラーとは?

2018.06.25

 

獲得条件

1月~12月の1年間に50,000プレミアムポイントを貯める必要があります。

また、すべてのANAに乗って50,000ポイントを達成するか、ANA25,000PPとスターアライアンス25,000PPでも達成できます。

購入した航空券のみ対象となるため、マイルを使用した特典航空券はプレミアムポイントが付与されないということも注意が必要です。

 

プレミアムポイントとは、飛行機に乗ると貯まっていくマイルとは別のANA独自のポイントになります。

上級会員になるためには、マイルを貯めるのではなく、プレミアムポイントを1年間で50,000ポイント貯める必要があります。

 

まとめると下記のようになります。

  • ダイヤモンド会員・・・・年間100,000ポイントが必要(うちANAグループ運行便利用分:50,000)
  • プラチナ会員・・・・・・年間  50,000ポイントが必要(うちANうちANAグループ運行便利用分:25,000)
  • ブロンズ会員・・・・・・年間  30,000ポイントが必要(うちANAグループ運行便利用分:15,000)

ほかにSFC(スパーフライヤーズカード)の会員も上級会員となります。

 

ANA独自のプレミアムポイントについて

ANA独自のプレミアムポイントは、飛行距離と購入した航空券のランクによって算出されています。

例えば、往復10,000マイルの区間の飛行機に乗ると、単純計算で10,000ポイントが基準になります。

購入した航空券のランクの割合を基準となるポイントに掛けるとプレミアムポイントが算出されます。

  • ファーストクラス・・・・・・150%    => 15,000ポイント
  • ビジネスクラス・・・・・・・70%~125% => 7,000~12,500ポイント
  • プレミアムエコノミー・・・・100%    => 10,000ポイント
  • エコノミー・・・・・・・・・30%~100%  => 3,000~10,000ポイント

 

新井まさひろ
上記の倍率を実際の飛行距離に掛けてプレミアムポイントを算出します!算出は慣れるまで大変ですが、慣れればすぐに分かるようになります!

 

基準ポイントを例に挙げると、ファーストクラスであれば、15,000ポイントのプレミアムポイントを獲得することができます。

最も安価なエコノミークラスの格安航空券の場合は、30%がほとんどのため、3,000ポイントしか獲得できないことになります。

同じ距離をフライトしてもエコノミークラスであれば、航空券のランクが一番低いので、目標のプレミアムポイントを達成させるためには相当数のフライトをこなさなければなりません。

 

プレミアムポイントの計算方法

搭乗ごとに貯まるフライトマイルとは別に、路線倍率、予約クラス・運賃種別ごとの積算率に搭乗ポイントを加算した上で、プレミアムポイントが決定します。

また、ANAの公式ホームページではプレミアムポイントをシミュレーションできるので、気になる方は一度お試しください。

 

プレミアムポイント対象となる便

【国内線】

  • AIRDO
  • ソラシドエア
  • IBEXエアラインズ
  • スターフライヤー
  • オリエンタルエアブリッジが運航する日本国内のコードシェア便

以上の運航便に予約、搭乗の場合のみ、プレミアムポイントの運航便として積算されます。

 

【国際線】

全部で27つの国際線があります。

その中でいくつかご紹介します。

 

  • ユナイテッド航空
  • エアカナダ
  • ターキッシュエアラインズ
  • シンガポール航空
  • アドリア航空
  • エーゲ航空
  • アシアナ航空
  • 中国国際航空

etc.

以上の運航便に予約、搭乗の場合のみ、プレミアムポイントの運航便として積算されます。

 

路線倍率

路線によってもらえるポイントの倍率が変わるということも重要です。

国内線ー2倍

国際線ー1.5倍

(日本発着アジア・オセアニア路線)

国際線ー1倍

(ANAグループ運航便のその他路線)

国内線より国際線の方がポイントは多くもらえる印象ですが、国内線の方がもらえるポイントは多いです。

 

ANA上級会員の有効期限は1年間

ANA上級会員である(「ブロンズサービス」「プラチナサービス」「ダイアモンドサービス」)の有効期限は1年間となっています。

翌年もランクを維持するには、毎年搭乗する必要があります。

【全13種類】ANAマイルを貯める方法まとめ

2018.01.25

 

飛行機に乗らずともANA上級会員となる方法

日常生活で、マイルを貯めることができても、プレミアムポイントについては残念ながら、飛行機に乗ること以外にANA上級会員となる方法は、今のところサービスの提供はないとの情報を得ました。

 

お得にANA上級会員となる方法

飛行機に乗ることにはなりますが、1度上級会員になると会員サービスを受けるために維持することになるのは既にご存知ですよね。

他の航空会社の上級会員となって、ANAの上級会員となる方法があることを知りました。

また、クレジットカードを発行することで、上級会員となる方法も知ることができました。

そちらを少し紹介いたします。

 

すでに他の航空会社の上級会員となっている場合

ユナイテッド航空の「ステータスマッチ」を利用する方法です。

現在、ユナイテッド航空では、「マイレージプラスプレミア資格適合チャレンジ」という無料で上級会員を体験できるキャンペーンを実施しています。

 

キャンペーン内容については以下の通りです。

  • ユナイテッド航空の上級会員を90日間限定で無料体験することができる
  • 2018年1月1日から2018年12月31日までに申し込みをした方が対象
  • すでに他社の上級会員資格を有している人が対象
  • 過去5年間に同プログラムに参加した人は申込不可
  • 事前にユナイテッド・マイレージプラスの会員に登録していること

 

他社の上級会員となっている方が、このキャンペーンに申し込むことによってANA上級会員を体験できることになっています。

こちらは「スターアライアンス」という航空連合に加盟している航空会社の中にANAも加入していることから、90日間限定ではありますが、ANA上級会員のサービスを受けることができます。

成田<=>ニューヨークなどを1往復すると、ステータスマッチを1年間延長できるようです。

 

クレジットカード発行により上級会員となる方法

デルタアメックスゴールドカードを保持すると、デルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」になれるのです。

デルタアメックスゴールドカードへの入会初年度は無条件で上級資格が付与されるそうです。

また、スカイチームアライアンス加盟の20社でも上級会員特典のスカイプライオリティサービスを受けることができます。

アメックスならではの特典のようです。

出川哲朗氏がCM出演する大注目のハピタスとは?

2018.01.25

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ANA上級会員となるためには、フライト回数を一定以上こなすことは必須ですが、他の航空会社が実施しているキャンペーンに参加して体験してみるのもよいかもしれません。

 

国際線よりも国内線の方が金銭的に安く、もらえるプレミアムポイントも倍ということで、国内線にたくさん搭乗することで効率よくポイントを稼ぐことができ、ダイヤモンドサービスメンバーに近づけます。

仕事上、搭乗機会が多い方はプレミアムポイントが貯まりやすいです。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です