お金のコンフォートゾーン

【コラム】お金のコンフォートゾーン

新井まさひろです。

今日はお金のコンフォートゾーンというお話をします。

コンフォートゾーンは有名ですが、

そのお金版たと思ってください。

 

もともと、コンフォートゾーンというのは

「快適」や「慣れている」という意味を持ちます。

 

多くの人はビジネスを始める理由に

「もっとお金持ちになって、自由に暮らしたい」

というものがあります。

 

もっとお金を持てば、

今までできなかった高級車に乗って

高級マンションに住み、お高い食事をする

というのに憧れている方もいると思います。

 

誰でも貧乏になって、

汚い家に住み、節約しながら

食費を切り詰めるのはいやなものです。

 

わたし自身、学生時代や

起業当初はかなりお金に困っていました。

だからこそ、昔から

お金持ちになりたいと

人一倍の思いがあったのだと思います。

 

それから起業後に猛烈に働き、

かなりのキャッシュを作れたのだと思います。

最近ではお金というより、

面白いことへチャレンジしています。

 

だからと言って、俗に言うセレブ的な感じで

お金を使うかと言われた、そうではありません。

大切なのは

「自分の価値観に沿って、自由にお金を使える」

ことだと思います。

 

何か欲しいものがあったときに我慢するのではなく

自由にお金を使えることが

一番の快適なのではないかと思います。

 

よくこういう方がいます。

「お金があるのだから、

これくらいの車に乗らなければいけない」

 
とか

「このくらいのホテルに泊まるべきだ」
 

など、勝手な価値観を押し付けてくる人です。

もちろん、自分の価値観に合うものには

おしみなくお金を使っていきます。

 

しかし、価値観に合わないものには

お金をまったく使いません。

 

たとえば、地方に出張に出かけ

寝るだけのためのホテルなら

ビジネスホテルで十分です。
 

一方で、大切な人と過ごす夜なら

シティホテルのスイートを取ります。

 

別の例では、

3000万のマイホームを買うなら

3000万分の不動産物件を購入します。

 

このように使うべき場所と使わない場所を

はっきりさせておくことが重要なのだと思います。

 
お金の使い方は人それぞれです。

ビジネスで得たお金に振り回されることなく

自分のお金のコンフォートゾーンを持ち

適切な場所に使っていくことが大切です。

 

お金に振り回されていると

幸せを感じることがあまりなくなりますので、

しっかりと上記のことを捉えることをおすすめします。

 

 

(参考記事)→2018年は副業元年に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です