無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティーに関する安全性

私たちの生活の一部になりつつある(あるいは、どっぷり浸かっている人も)Wi-Fiは、非常に便利な物です。

しかし、便利な反面危険なこともあります。

生活に便利な部分はみなさんよくご存知の方も多いと、思います。

では生活の中での便利さが、どのような危険を持っているのでしょうか。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

Wi-Fiの何が便利になったのか

私たちはほとんどの人がパソコンを持ち、スマホを活用しています。

そして、大勢の方が、自宅にルーターを持ち、パソコンやスマホに無線で接続するWi-Fiを使用しています。

特にスマホをWi-Fiで接続すると、モバイルデータ通信を使用しないためデーター容量の節約になります。

 

また、アプリの更新や大容量のデーターのダウンロード、ゲーム等を行う時など、非常に早くてデーター通信を使用しているよりもストレスも溜まりません。

そして、プリンターやデジカメも有線ではなく、Wi-Fiを使用して印刷や写真のやり取りが出来ます。

 

各家庭・職場のみだけではなく、街中にフリーでWi-Fiが使用できる場所が多々出現してきています。

コンビニ、カフェ、ホテル、空港、新幹線、また街中に無料Wi-Fiスポットなるものまであります。

私たちの生活は、Wi-Fiの使用に事を欠くことがなくなりつつあり、Wi-Fiは我々の生活に溶け込み、必需品となってます。

参考:これは必ず知っておきたい!商品の種類は「有形」と「無形」

 

Wi-Fiのセキュリティーは必要なのか?

無線LANの電波は、免許は必要ありません。

電波が届いていれば、「誰でも」、「どこでも」使用しても大丈夫な電波です。

 

しかし、「誰でも」「どこでも」と、いう部分がキーワードです。

「誰でも」「どこでも」使用できるということは、複数の人が、どこでも同じ電波を傍受することができるということです。

同じ電波を「傍受」できるということは、「盗み見」・「盗み聞き」が可能ということです。

この「傍受」とは、あなたがスマホで見ている画面・メールなどが、全く知らない人が横から覗いて見ているようなイメージになります。

 

画面を何の悪意もなくただ覗き見をされているだけなら、危険性は多少低いかもしれません。

しかし、覗いている者の目的は単なる覗き見ではありません。

あなたの氏名・住所あるいはクレッジト番号等個人情報や、プライバシーを傍受するのが目的です。

 

そこには悪意が存在します。

この個人情報やプライバシーを傍受されないで守るために、Wi-Fiのセキュリティーが必要になります。

無線LANのセキュリティは何が違うの? WEP/WPA/WPA2それぞれの特徴」を参考にしてみてください。

 

Wi-Fiセキュリティーのシステムはどんなもの

ここでスマホのWi-Fi設定画面を思い出していただきたいのです。

androidやiphoneのWi-Fiを設定しようとしたとき、ネットワーク選択欄に使用できるWi-Fiの名前とその横に鍵のマークとWi-Fiのマーク等が出ています。

 

この鍵のマークがセキュリティーの対策になっています。

このマークがあるのと無いのでは違ってきます。

鍵マークがある場合は、パスワードが必要になり、パスワードを知っている人しか使用出来ません。

 

先ほどの「覗き見」等のデメリットはとても低くなります。

逆に、鍵マークが無い場合は、不特定多数の人がWi-Fiに接続することができ、情報漏洩の危険性は高まります。

ですから、鍵マークが無い場所でのネットバンキングや、ネットでのカード決算(ネットショッピング)等は、やめておくべきでしょう。

このような鍵マークのないWi-Fiが、準備されている場所も多々あります。(コンビニ・無料Wi-Fiスポット等あります。)

 

セキュリティーシステムの設定

セキュリティーの設定の場合、手動でセキュリティー設定を行っていると、WEP,、WPAなどと、いった物を選択する場面があります。

これは、通信内容を暗号化するためのセキュリティーシステムです。

WEPはWPAよりも古いセキュリティーです。 WPAを選択しましょう。

 

もし、WPA2というセキュリティーがあれば、WPAよりもWPA2を選択してください。

WPA2はWPAよりも新しいセキュリティーシステムです。

このWPA2のセキュリティーシステムは、現在、世界中で主流となって使用されているセキュリティーシステムです。

 

WPA2のセキュリティーシステムは情報等を暗号化して送り出す方法です。

もし、悪意のある人が、このデーターを傍受して暗号化を解読使用としても相当の時間が必要で、不可能に近いと言われています。

WEPもWPAも解読されるまでには数分の時間でできるそうです。

 

WPA2も安心では無くなった

2017年10月17日の報道があるまで、WPA2のセキュリティーシステムは安全とされてきました。 (実は、2017年の夏にはすでに発表されていた。)

ところが、WPA2も安全ではないということが発見されました。

WPA2の脆弱性があるということが解ったのです。

 

WPA2の脆弱性とはどういう事

先ほど、WPA2は情報を傍受されないと、述べてきました。

しかし、このWPA2も情報を傍受等ができる方法があるということです。

 

この傍受等ができるシステムを「KRACK」と、呼びます。

この「KRACK」を悪用すれば、情報を傍受するのみだけではなく、盗み取ることもできます。

例えば、ログインのパスワードや、クレジットカードの番号あるいは暗証番号などが漏れる可能性もあります。

また、ウェブページの改ざんをおこなったり、送信中の情報データーを操作することもできるということが言われてます。

 

WPA2の脆弱性の対策

「KRACK」の問題対策について、Wi-Fi規格標準化団体が発表した内容によると、「簡単なソフトアップデートにより解決できる。」と、言うものです。

2017年の秋以降、主要ソフトウェア―メーカーはプログラムの機能変更を行うためのデーター(patch)を各ユーザーに提供し初めているそうです。

では、私たちの対応は何を行えばよいのでしょうか。

ここでASCII様より「無線LANが危険? 「WPA2脆弱性」Q&A」の形で発表されているものがありますのでそれを参考にしてみたいと思います。

 

・家の無線LANは大丈夫?

基本的には、危ないです。

クライアントのpatchが適応しているか、アクセスポイントがアップデートしているかの確認を行う。

尚、「KRACK」は、無線LANのパスワードを盗み取るものではありません。

従ってパスワードの変更は必要ないとのことです。

 

・パソコンは大丈夫か?

ソフトウェアメーカーがpacthを公開しています。適応してください。

 

・スマホは大丈夫?

スマホのiOSや Androidのpacthはすでに提供済み。

 

・ゲーム機はどうなのか?

メーカー各社は、pacthの提供はまだないそうです。

心配なら、有線LANを使用したほうが良いでしょう。

 

・無線LANにつながる家電は大丈夫?

最近増えてきている、無線LANとつながる家電も対象になります。

おそらく家電が最 後までpacthの供給が遅れる見通しです。

pacthが供給されたらすぐに適用するようにしましょう。

と、公開されていました。

 

また、プロトルコの暗号化通信をHTTP(http)ではなく、HTPPS(https)を使用して暗号化したものを使用することです。

他にいろいろネットを調べれば対策は出ています。

しかし、私たち個人が対応できることは限られています。

今、私たちが一番必要なのはパッチ「PATCH」の導入です。

 

Wi-Fiは使用しても良いのか

こうして見ると、Wi-Fiは安全なものでは無いということがわかります。

WPA2の脆弱性が発見されたときに、「Wi-Fiは安全ではない。」逆に危険だと言われました。

 

しかし、これはWi-Fi自体が危険なのではなく、Wi-Fiを傍受等を行い悪用しようとする者が存在することに問題があります。

Wi-Fiの機能自体は悪用をすることがなければ、なんら問題のないことです。(場合によれば、暗号化も必要無いかもしれません。)

Wi-Fiも人が作り上げた物です。

100%完全な物ではないはずです。

 

しかし、私たちはそれを完全なものと信じて使用しています。

完全な物と信用し、使用を続ける以上、使用する私たちが安心して使える使い方を常に行う

責任があります。

参考:効率化重視のChrome拡張機能おすすめ7選

 

まとめ

無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティーに関する安全性について解説してきましたが、便利なWi-Fiについて適切な知識を持つことをお勧めします。

セキュリテーィが強固なものもあれば、個人情報を抜かれるようなものまであります。

その辺りをしっかり見極めていきたいところです。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です