減点主義が成功しないわけ

【コラム】減点主義が成功しないわけ

日本の企業のほとんどが、

減点主義を採用していますが、

採用されてる側の成功は皆無です。

 

というのも、

たいていミスをすればその分減点になり

ボーナスや評価に影響します。

たとえば、営業会社だと

自社商品を販売するために

戸建てやマンションを訪問したが

失敗して帰ってきたときましょう。

その場合、成果ゼロなので、

減点になるわけです。

この成果ゼロが続けば大きな減点です。

 
そのほかにも経理部が経費精算をミスれば、

それは減点対象となるでしょう。

クライアントとの連絡ミスで

トラブルが起こっても同じです。

 

しかしながら、

減点主義では大きな成功を為し得ません。

大切なのはミスをしたときに

どのように反応するかです。

つまり、ミスをしたら次にミスをしないよう

どのように対処すればいいか、

改善をしていけばいいかを考えることが

成功要素と言えます。

 

これは投資でも同じことが言えます。

一回のトレードで失敗したら、

次にその失敗を繰り返さないために

どのようなことができるかを考えのです。

これができれば、 トレードを上達していくでょう。

それでは^^♪

 

★新井まさひろ公式LINE@★

登録をお願いします!

スマホ限定リンク
⇒ すぐに追加はこちら

登録者数2400名!

※パソコンの場合、「@mosa」で検索してください。(@含む)

★公式メルマガはこちら★

⇒ 今すぐ無料で登録する

※上記よりメルマガ登録でFX自動売買システムをダウンロードできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です