夢を見る人には5つの種類がある

【コラム】夢を見る人には5つの種類がある

こんにちは、新井です。

あなたは夢を持っていますか?

 

幼い頃にはスポーツ選手になる!

という大きな夢を持っている人が多かったですが

大人になっていくにつれて、現実を見なさい

と周りから言われ、夢を語れない人が多くなっています。

夢を見るのではなく、明日の生活を見る人が急増した訳は

夢をどのように見ているかの違いです。

 

(参考記事)累積された教育の力

 

夢を見る人には5つの種類があります。

・過去の夢に浸っている人

・小さな夢しか見ない人

・夢を実現した後退屈な人生を送る人

・大きな夢を持っているが、それを実現するための知識がなくて結
局なにも得られない人

・大きな夢を見てそれを実現しさらに大きな夢を見る人

 

過去の夢に浸っている人は特に出勤終わりの居酒屋なんかで

たくさんの声が聞こえてくると思います。

過去の自分はこんな夢を持っていたんだ

という話には誰もが興味がありません。

将来のことを語る方が、夫婦でも同僚でも友人でも楽しいと思います。

 

小さな夢しか見ない人は

自分には大きいことができない、と日頃から思っています。

つまり彼らは、自分を過小評価することで重大な責務や使命から逃げているのです。

もしあなたが家族を持っているのなら

自分には家族を養って行く自信がない、とは言わないはずです。

なんとかして家族のことを養っていかなくはいけない

という情熱に溢れ、モチベーションが上がっていくはずです。

それと同じことを自分自身の夢にも向ける必要があります。

 

夢を実現した後に退屈な人生を送る人は実に勿体無いです。

彼らに起業家精神があればもっと大きな夢を叶えることができます。

人生において、向上心というのは非常に重要です。

つまり、人間というのは成長が止まればそこから何も生まれないのです。

従って、成長するには自分から物事も学ぶための精神というのが大切になのです。

 

大きな夢を持っているが、それを実現するための知識がなく

結局なにも得られない人は一発で成功したいと考える人に多い傾向があります。

例えば、宝くじで大金持ちになりたいとか

投資をやって脱サラできるようになりたいとか

いわゆる、ラクに儲ける手段を一生懸命探している人です。

ビジネスに関する知識を得ようとはせず

何もしないでラクに儲かるビジネス案件に飛びつき

結局はお金ばかり出て行き、成果はなしという状態です。

大きな夢を持っていることはいいことです。

しかしながら、それをラクに達成しようとは決して思ってはいけません。

 

多くの成功者を見るとみな苦労している人ばかりです。

大成功をおさめた社長のボンボンがその会社を潰してしまう、というのはよく聞く話です。

 

最後は大きな夢を見てそれを実現しさらに大きな夢を見る人です。

これこそが成功するために必要な概念です。

なぜなら、ただ生活費を稼ぐための毎日ではなく

夢を見て、それの実現のために日々行動していく方が

有意義な人生を送れるとともに、目標達成に対する意欲が

それがない人に比べると計り知れないからです。

 

僕は会社に属することなく世界中を飛び回りながら

ビジネスをやっていく夢を持っていました。

それを達成するためにどんな苦労でも屈辱でも受ける覚悟でした。

実際多くの壁が立ちはだかり、時には挫折しかけましたが

前進することを決してやめませんでした。

 

だからこそ、現在でも会社に頼ることなく

世界中をビジネスをしながら飛び回っていることができているのだと思います。

あなたにも大きな夢を持ち、それに向かって努力していく人生を送って欲しいですが

僕の考えを押し付けるつもりはありません。

しかし、あなたには選択をして欲しいです。

 

大きな夢を持ち、それに向かって行動していくのか

夢もなく、月末の生活費のために仕事に行くのか

 

選択の力は誰にでもあります。

あなたが今選択することはあなたの未来を作ります。

そして未来は今の延長線上に存在していることを忘れないでください。

 

(参考記事)人生のCEOになる

 

★LINE友達募集中です。
よければお友達申請お願いいたします。

LINE ID ⇒ @mosa(@も含めてID検索してください)

スマホからワンクリック追加はこちらから(パソコンの場合QRコードを表示できます)
友だち追加数

 

★メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)

新井まさひろ公式メルマガ(日刊)

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です