人生のCEOになる

人生のCEOになるお話をしていきたいと思います。

CEOとは会社の最高経営者という立ち位置で、会社の全ての権限を持っている役職です。

その考えを人生に当てはめることがより良い人生を迎えるために必要になる概念です。

従業員でもマネージャーでもダメです。

CEOでなければいけません。

なぜなら、あなたは目標や夢を持っているはずです。

1度は自分の理想の人生を考えたことがあるのではないでしょうか。

それを遠慮なく達成したいと思っているのなら、CEOになるしかないからです。

本来、人生とは自由なはずだったのです。

ここまで窮屈になってしまったのは、人々が世の中に自分の意見を言わなくなり、

我慢しているからなのです。

 

(参考記事)成功法則はここにある!勝者のプランを習得する

 

人生は我慢する必要がない

結論は我慢する必要がないです。

なぜならこんなにも平和な日本で何を我慢する必要があるのでしょうか。

今、中東やアフリカに行ってみてください。

ネットが繋がりにくいところ、もやは食料や住居もないところ、様々です。

日本でそんな状況ならこの記事は見れないと思います。

 

だからこそ会社員という縛られた環境にいるのではなく、挑戦するのです。

挑戦すればCEOにはなれます。

自分の人生をコントロールすることができ、自分のやりたいこと、行きたいところ、

時間なんか関係なく可能になります。

あなたが思い描いた人生を満喫するにはCEOになる他ありません。

 

実際どのようにしてなるのか、ということです。

それは無知でいることが危険という認識を持つことです。

例を挙げましょう。

投資が危険なのではなく、投資を理解しないまま行うことが危険なのです。

ビジネスはリスクがあるのではなく、スキルを身につけないままやってしまうことが危険なのです。

家が資産になる時は自分のポケットにお金を入れるのであって、ポケットから出でいくものは負債です。

会社や国が生涯、年金や保険、雇用の面で守ってくれると思うのではなく、そう思っていることを危険と認識する。

 

このように無知なゆえに損をすることが多々あります。

従って、まずは正しい知識をつける必要があります。

知識をつける時の注意点は意見と事実の違いをしっかり見極めるといことです。

意見を事実と勘違いしている人は一生ラットレースからの脱却は不可能です。

ラットレースというのは、毎月請求書のために働いている状況です。

つまり、意見と事実の違いに気をつけて正しい知識を習得し人生のCEOになるべきということです。

 

時間は限られている

あなたの残された時間は残り少ないという事実を認識してください。

そしてあなたが生活していくためとは別に人生のCEOになるための時間は限られています。

しかしながら、行動に遅いということは全くありません。

 

もしあなたが人生のCEOになって人生を謳歌したいと思っているのなら

明日からではなく、今すぐに行動を始めるべきです、

そして、時間という概念を忘れることなく、しっかしと時間を管理してやっていくべきです。

そうすれば5.10年先のあなたの人生は180度変わっています。

 

人生のCEOになるという目標を持って、行動し、それを継続することです。

多くの人は継続することができませんので、ぜひあなたには継続して欲しいと思っています。

 

(参考記事)競争からではなく協力から成功は導かれる

 

★LINE友達募集中です。
よければお友達申請お願いいたします。

LINE ID ⇒ @mosa(@も含めてID検索してください)

スマホからワンクリック追加はこちらから(パソコンの場合QRコードを表示できます)
友だち追加数

 

★メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)

新井まさひろ公式メルマガ(日刊)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です