起業家の第一歩として過去ではなく未来を見通す

【コラム】過去ではなく未来を見通す

新井まさひろです。

今日は過去ではなく未来を見通すことで

成功への道となることをお伝えします。

 

というのも、

人間というのは何か挑戦しようと思ったときに

過去の自分と照らし合わせて考えます。

たとえば、この分野に挑戦しても

「過去にうまくいかなかったな」とか

「知り合いが少しも稼げないと言っていたな」など

すべて過去を基準として判断します。

 

しかし、物事をうまく進めたいなら

過去ではなく未来を見通す力をもつべきです。

なぜなら、過去からは何も生まれず

未来にこそ望んでいるものがあるからです。

言い換えると、後ろを見てばかりではなく

前だけを見ていればいいということになります。

 

たとえば、経済的に自由に

なりたいと考えているのなら

過去をどんなに考えても変化が得られません。

 

強いて言えば、そこから生まれるのは

嫉妬や不安、妬み、恐怖、後悔といったものです。

「こうしておけばよかった」

「あの道を進めばよかった」

のような思いが強くなります。

 

だからこそ、未来を見通すのです。

「こういう人生を歩みたい」や

「お金の心配がない人生を歩みたい」など

未来の自分を見ることによって、

人間は変化をすることできるのです。

 

というわけで、

あなたも過去ばかり見る癖があるなら

未来に何があるのかを考えることをおすすめします。

未来を見通す力を持てば、

物事をスムーズに進めることができることでしょう。

 

(参考記事)→ビジネス拡大に必須な優秀な人を探す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です