サーチコンソール(Search Console)でサイト分析を強化

SEO対策だけでなく、ビジネスサイト運営にはかかせないGoogle公式ツールが、サーチコンソール(Google Search Console)です。

Google公式ツールであるサーチコンソールの活用で、より多くの検索ユーザーを公式サイトに集めます。

また検索からのアクセスの減少した際など、その原因をすばやく突き止めて解決につなげます。

そのような機能を持つGoogle公式ツール「サーチコンソール」について説明します。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

サーチコンソール(Google Search Console)とは

サーチコンソール:https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Google公式ツールであるサーチコンソールとは、Googleが無償で提供するウェブマスターやフロントエンドデザイナー、および事業主向けの高機能なGoogleの公式サイト管理ツールです。

ホームページやブログサイト、ビジネスサイトの運営管理に役立つ強力な機能を多数そろえており、SEO対策をはじめとしてサイトを運営するときは必須のツールとして導入することをおすすめします。

 

なお、Google公式ツールであるサーチコンソールは以前までウェブマスターツールとして利用されていたGoogle公式ツールでした。

Google公式ツールであるサーチコンソールという名称に変わっても基本的な使い方に違いがなく、名称変更後の2015年5月以降、新機能が追加されています。

参考:Googleアナリティクスでサイトの集客効果を測る

 

Google公式ツールであるサーチコンソールでできること

Google公式ツールであるサーチコンソールでは、サイトへの訪問キーワードやサイトに発生した問題など、さまざまな情報を確認できます。

 

次のような機能があります。

  • Googleからのメッセージ確認
  • HTMLの改善
  • サイトへの来訪キーワードチェック
  • 外部リンクの詳細調査
  • モバイルサイトのユーザビリティー評価確認
  • URL削除
  • Googlebotクロールで起きているエラー確認
  • サイトの再クロールの申請
  • サイトマップ、robots.txtの送信
  • その他、サイトの問題確認
  • このうち※印で示したものは、ウェブマーケティングで高い頻度で用いられる機能です。

 

使用頻度の高い機能について下記でご説明します。

参考:超初心者向け!ワードプレスを0からすべて徹底解説

 

Googleからのメッセージ確認

Google公式ツールであるサーチコンソールに公開しているあるいはこれから公開しようとしているサイトを登録しておくと、Google公式ツールであるサーチコンソールが自動検知したサイトの問題などに関する重要なメッセージを受信できます。

GoogleのアカウントとパスワードによりGoogle公式ツールであるサーチコンソールへログイン後、表示される画面の左側のカテゴリーの中にメッセージカテゴリーが表示されています。

 

メッセージカテゴリーを開くと

  • Googleクローラがサイトにアクセスできない
  • ガイドライン違反によりサイトにパナルティが課されている」(または解決した)

のようなメッセージの通知を受けます。

 

インターネット上に公開されているサイトなら起こりうる一般的な問題とされています。

この問題を解決するため、Google公式ツールであるサーチコンソールを利用することで、すばやく、問題に気づき、解決へと導きます。

 

HTMLの改善

Google公式ツールであるサーチコンソールにログイン後、表示される画面左側のカテゴリー中に

「検索での見え方」→「HTMLの改善」

という項目では、登録したサイトのタイトル、ディスクリプション(ページの説明文)の重複や長い・短いといったページを確認できます。

 

サイトへの来訪キーワードチェック

公開されているサイトが、どのような検索キーワードでユーザーの目に止まっているかがわかります。

Google公式ツールであるサーチコンソールへログイン後、

「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」

を左クリックします。

 

検索アナリティクス機能には強力な多数のフィルタ機能により実に有益なデータを簡単に調べることができます。

  • 検索条件を指定した場合と無条件による検索順位
  • アクセス検索結果ページでの表示回数
  • アクセス要求数の多い検索キーワード

 

検索アナリティクスの機能により、狙ったキーワードでの順位確認や検索アクセス要求によるサイト訪問回数などの確認の他に

  •  「順位は高いがアクセス要求率の低いページのタイトルの改善を検討してクリック率を
      上げる」
  •  「検索アクセス要求によるサイト訪問数の多いページを見つけ、そのページの導線を
      改善してカウントビュー増加を狙う」

といった目標を設定できます。

参考:リストマーケティングを学び自動化してリストを集める方法

 

外部リンクの詳細調査

Googleは、サイトごとについている被リンクの情報は非公開となっています。

そのため、サードパーティ製ツールで知ることができる被リンク情報は限定されています。

 

限定されている情報があってもGoogleの純正ツールであるサーチコンソールであればより最新で多数の情報を確認できます。

被リンク総数はもとより被リンク元サイトドメイン、各リンク元の被リンク数の比較も可能です。

 

被リンクの詳細はGoogle公式ツールであるサーチコンソールにログイン後、検索トラフィック→サイトのリンク→「リンク数のもっと多いリンク元」の下にある「詳細」を左クリックで確認できます。

 

サイトへのGooglebotクロール申請

航海しているサイトにページを追加・内容の更新を行っても、新しいコンテンツにGooglebotと呼ばれるクローラ(ロボット)がやってこない限り、検索結果には反映検索されず、より早く結果に表示させたい場合はクロール申請ができます。

Google公式ツールであるサーチコンソールを使用するには、ホームページを登録し、「ホームページの所有権」を確認する必要があります。

 

Google公式ツールであるサーチコンソールの機能には、検索結果からページを削除する機能などもあるため、第三者のホームページを勝手に登録できないようにするための措置です。

やや面倒なところはありますが、Googleアナリティクスを設定しているアカウントで登録すると所有権の確認は簡単に済みます。

参考:【保存版】ネットビジネスの「リスト」を徹底解説

 

まとめ

サーチコンソール(Search Console)でサイト分析を強化をお伝えしてきましたが、サイトを運営する上でフィードバックは大切です。

適時フィードバックをやってくれるのがサーチコンソールなのです。

これを活用しユーザーに価値あるコンテンツを投下するように心がけてみましょう。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

 

 




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です