労働から仕組み化で稼ぐへシフトする

【コラム】仕組みで稼ぐ方法

新井まさひろです。

今日は仕組みで稼ぐ方法というテーマを

お話していきます。

 

というのも、

労働集約型ビジネスというのは、

自分が働いていないと収入にはなりません。

代表的なものはサラリーマンです。

毎朝出社して決められた日数を働き

給料をもらいます。

労働集約型の収入には限界があります。

 

収入を増やすと思ったら、

労働集約型ではなく

仕組みで稼ぐ方法を取り組む必要があります。

つまり、あなたが働いていなくても

収入をもたらす仕組みを構築することです。

 

具体的には具体的には

アフィリエイトや課金ビジネスを行うことです。

ネットビジネスで最も仕組み化しやすいのが

アフィリエイトなのです。

ブログやメルマガなどが当たりますね。

 

また、うまく取り組めば、

課金ビジネスでも大きく稼ぐことができます。

わたしは課金ビジネスだけで

サラリーマンの年収を稼ぐことができています。

それほど威力があるものなのです。

課金制のビジネスは必需品か新しい価値提供です。

この2つのどちらかができれば成り立ちます。

 

というわけで、

仕組みで稼ぐ方法についてお伝えしましたが、

労働集約型には限界があります。

そのステージで収入を増やそうと思って

ほとんど不可能ですから、

仕組み化に移行することをおすすめします。

 

(参考記事)→ビジネスを家族に反対されたら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です