ビジネスを家族に反対されたら?

【コラム】ビジネスを家族に反対されたら?

新井まさひろです。

今日はビジネスを家族に反対されたら?

というお話をしていきます。

 

というのも、

ビジネスを始めたいと思っても、

家族から反対される方もいるかと思います。

これはよくあることです。

とくに新しいことへのチャレンジのときは

いつもそうです。

結論から言うと、反対意見に耳を傾けず、

行動して結果を出せばそれですべては

丸く収まるということです。

 

そもそも、なぜ家族は反対するのか?

それは、その分野に関して知らないからです。

人間は自分が知っているもの以外のことを

あまり信じない傾向にあります。

この傾向というのをアメリカの研究所が

統計的なものを発表しています。

 

たとえば、宝くじを聞いたことも見たこともなく、

仕組みもまったく知らない人がいたとしましょう。

その人は宝くじを怪しいと思うはずです。

なぜなら、仕組みをしらないので、

100円で購入したのが

1億になるなんて思わないからです。

 

しかし、仕組みを知っているから

年末ジャンボに長い行列ができるのです。

一攫千金に夢見る人たちが群がるのです。

 

つまり、何が言いたいのかというと、

人間は自分の知っている領域でしか

生きていないということです。

そして、ごく一握りの人が

未知なる領域へチャレンジするということです。

 

それに対して、

あなたがやるべき行動は1つです。

反対している人にたいして、

0から10まで説明するのではなく、

結果で証明すればいいだけです。

 

そもそも、なぜあなたは

ビジネスをやろうと思ったのでしょう?

家族と旅行にいくとか、親孝行したいとか、

脱サラしたいとか、さまざまあると思います。

つまり、あなたはお金を稼いで

そのあとに何かをしたいと思っているわけです。

お金は目的ではなく、手段であると。

 

お金を稼げないということは、

その分経済的に我慢することが多くなります。

なぜなら、手段を達成できないのですから

結果的に目的を達成できないのです。

つまり、行動できないということは、

現状維持か後退しかなるということです。

そこから抜け出すためには行動するしかありません。

 

ビジネスで稼ぐと望むのであれば、

周りの意見に振り回されることなく、

あなた自身の判断で行動するべきです。

あなたが大黒柱ならなおさらです。

あなたの収入次第で

家族や両親の経済的活動が左右されるのですから。

 

周りの意見を尊重することは大切です。

しかし、人生にかかる大きな決断や

経済的な豊かさを目指す段階において、

周りに意見に振り回されてはいけません。

なぜなら、自分の意見を通せないということは

刑務所で暮らしているのと同じことになるからです。

 

自分の基準で行動し、

その上で結果を残してこそ、

経済的に豊かになりますし、

家族や大切な人とともに

お金に困ることのない生活を送れるのです。

 

というわけで、

ビジネスを家族に反対されたら?

というお話をしてきましたが、

行動して結果をだせば、すべては丸く収まります。

経済的な豊かさをもつために

ビジネスへチャレンジすることを強くおすすめします。

 

(参考記事)→お金がない人こそビジネスをやるべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です