Twitterでバズるツイートの具体例と分析結果

この記事ではTwitterでバズるツイート内容を分析についてお伝えしていきます。

SNSの中で最もバズる可能性があるのはリツイート機能がついているTwitterです。

バズマーケティングでもあるように、バズを狙って拡散を狙っていくのもマーケティングでは有効な手段です。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

Twitterのバズるとは?

「Twitterでバズる」ってどのような意味でしょうか。

Twitterにツィートした画像や記事が爆発的な話題となり、口コミとして広がります。

口コミされた話題がTwitterユーザーによって拡散されるさま。

 

ハチがブンブン飛び回るという意味の英語「buzz」から転化した言葉です。

ビジネス界でもマーケティングの用語として使われています。

TwitterやfacebookといったSNSの普及によって、日常でも広く見聞きするようになりました。

 

純粋に考えると「一つの情報に対する非常に大きな反響」と言えます。

どのような職業であっても、仕事をする上で「人々の大きな反響」という現象は無視できません。

 

なぜなら、人々の反響が無いということは、経済の面から考えれば「売れない」・「人気がない」ことを意味し、死活問題に結びついてしまうからです。

そう考えると、Twitterのツィートで人々の反響を得るということは大きな意味があり、

多くの人々の行動や心理をコントロールすることとほぼ同じ意味かもしれません。

 

結果的には

  • バズらせること
  • ウェブ上で反響を得ること
  • そのノウハウを把握すること

は仕事上の成果を出すことに繋がると考えられます

参考:Twitterのフォロワーを最速で増やす5原則

 

これまでにTwitterでバズられたツィート内容を分析

【まだ知ることがなかった/役立つ知識・情報】

  • 身近な道具のさまざまな使い方
  • 商品の価格や店舗などのサービス比較(街カフェのコーヒー価格一覧など)
  • アプリケーションソフトの不具合情報
  • よりよい生活をするための改善法/生活や日常を改善するためのアイディア
  • 身近なものであまり知られていなかった事実

 

【驚愕のニュース】

  • 最近起きた事件の真相や新事実/未知情報
  • 地震や津波などの災害系の情報
  • 毎日の天気など(異常気象・川の氾濫・ゲリラ豪雨など)

 

【世の中をよくするための発言・情報/現実・社会的な発言・情報】

  • 政治家、芸能人などのモラルに欠ける言動の告発など
  • 新聞社やテレビ局などの疑問に思う報道
  • 労働者に対する不当な扱いや体験談(セクハラ・パワハラなど)
  • 世代の違いによるものごとの考え方や価値観の違い
  • 振り込め詐欺などの未然防止や実行阻止などよくやった系の情報
  • よくある困った/古い/誤った考え方や価値観

 

上記以外にもたくさんの話題でバズっていることがわかりました。

 

Twitterでバズったツィート内容の反応

分析した内容から予測できる反応は次の通りです。

  • 意図的なバズリは困難にある
  • バズることを狙ってしまうと、目的がバレてしまい、バズられない
  • ツィート後、直ちにバズるとは限らない
  • フォロワーが重いときは効果なし
  • バズるタイミングや運による
  • 丁寧で長い言葉よりも短くて言い切った言葉に良く反応する
  • 有名人の発言はあっという間にバズられる
  • バズるツィートは多種多様でパターンや共通点がある

 

バズった人のバズリ後の反応は、ほとんどの人が予想外の反響に驚いている様子がうかがえます。

Twitterでツィートするときに「バズるかもしれない」と考える人はそう多くはないでしょうけど、何気ない発言にもかかわらず、予想外の反響にただ驚いているようです。

反対にバズることを狙ってしまうと、大きな反響には至らないケースがほとんどのようです。

 

一方でツィートしてもしばらく音沙汰がないとあきらめかけた頃に大反響となることもあるようです。

時間差やタイミングにもよりますが、SNSのユーザーは「リアクションを起こしやすい人」と「リアクションを起こさない人」に分かれます。

フォロワーが多い人は「リアクションを起こしやすい人」が集まっていると言えます。

 

反対にフォロワーが少ない人は「リアクションを起こさない人」が集まっているか「リアクションを起こしやすい人と起こさない人が入り混じっている」ことも考えられます。

そう考えるとインフルエンサーは「リアクションを起こしやすい人」がフォロワーに多いとも言えますね。

参考:【保存版】Twitterが凍結の17の理由+解決策

 

まとめ

以上、Twitterでバズるツィート内容について分析した結果とその反応を採り上げました。

中国のSNSマーケティングは日本と比較すると、数年早く進んでいます。

 

中国では、口コミをバズれるかそうでないかが、商品の売れ行きにものすごく重大な要素を示しているそうです。

日本でも中国と同じような考えを採り入れて、SNSの反応によって商品の売れ行きを分析するような時代が訪れるのも近いかもしれません。




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です