無料レポートでの「3D表紙」の作り方

無料レポートスタンドへ提出する際に表紙が必要です。

表紙には2Dと3Dがありますが、最初のうちは3Dの方がダウンロードされやすいです。

なので、今回3Dの表紙の作り方について解説していきます。

ちなみに、これを覚えると教材販売やメルマガ登録の特典の時に3D写真をつくることができますので、より訴求効果がでます。

その結果、多くの販売できたり、リストがとれたりしますのでメリットが大きいです。

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎詳しくはこちらへ >>

 

3D表紙の作り方

[arve url=”https://youtu.be/fypQynFucRc” /]

「boxshot」
https://boxshot.com/3d-pack/

「e-bookクリエイター」
http://triad-net.com/eBookCoverCreator/

 

3D表紙はいろんなところで重宝するものです。

このスキルを使って、多くのリストを集めていきましょう。

 

参考:メルぞうプラチナ会員のレビューと超豪華10特典付き
参考:音声と動画で気をつける7つのポイント
参考:超効率化!無料レポートを1日10本作る究極的な方法
(パスワードはメルマガの1通目に記載されています)

まとめ

特典やコンテンツ販売の時には2Dより3Dの方が非常に効果的です。

というのも、3Dの方がボリュームたっぷりに見えますし、豪華な印象を与えることができます。

なので、ここでしっかりとそのスキルを身につけることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です