GDTの法則で相手の感情を刺激する9つのポイント

GDTの法則とというものをご紹介していきます。

これは人間の9つの欲求に対して、訴求しより行動してもらうための法則です。

この知識をマスターすることで、メルぞうでのダウンロード数を大幅に上昇させることが可能となります。

また、セールスの時でも大量のコンテンツを売っていくことができますので、しっかりここでおさえることをおすすめします。

まず、GDTの法則とは、人間の欲求を9つに分けて、その9つをG、D、Tの三つに類型化したものです。

人は感情で購買を決定し、後から購買を正当化します。

ですので、その購買の一番の原因となる感情を揺さぶるためにもになります。

 

GDTの法則

GDTの法則は下記の頭文字をとったものです。

人間の感情に訴求する効果があるものとなっています。

G:Goal 目標

D:Desire 欲望

T:Teaser 焦らす、悩ます、煽る

 

G:Goal 目標

Time 時間(時間をかけたくない)
Effort 努力(努力をしたくない)
Money お金(お金を稼ぎたい、節約したい、損したくない)

簡単に、労力がかからず圧倒的に稼げるオファーを考えて見てください。

これが最も簡単にでき、最も訴求効果があるものです。

 

D:Desire 欲望

Greed 富や名誉、貪欲さ(もっとお金が欲しい、もっと名誉が欲しい、もっと~になりたい)
Lust 愛、美、性(美しくなりたい、モテたい、恋人が欲しい)
Confort 快適性、悩みや苦痛がない状態(悩みや苦痛から開放されたい、快適な生活を送りたい)

美女とフェラーリを乗っている写真を投稿していると

「僕もこういう生活がしたい!」と思われます。

これこそが欲望に訴求するものと言えます。

文章だけではなく、写真を効率的に使うことで人間の欲望に訴求することができます。

 

T:Teaser 焦らす、悩ます、煽る

Scarcity 希少性(期間限定です、今しか買えません、特定の人だけが手に入れられます、唯一無二)
Curiosty 好奇心、興味(~とは?、~方法)
Controversy 反社会性(真逆のモノをビフォーアフターで伝える、~なのに~だ)

Teaserの3つを取り入れるだけでより高額なものが売れる様になります。

希少性を出し、好奇心をくすぐり、魅力的なビフォーアフターを見せてあげてください。

飛ぶように売れるようになりますよ。

 

参考:メルぞうプラチナ会員の圧倒的な特典と魅力
参考:メルぞうプラチナ会員のレビューと超豪華10特典付き
参考:動画で無料レポートを作る方法

 

まとめ

GDTの法則で相手の感情を刺激する9つのポイントを解説してきましたが、メルぞうでダウンロード数を増やすためにも、その後のアフィリエイトやコンテンツ販売で収益化していくときにも使えるテクニックとなります。

また高額商品を販売するときには特に有効的な手段ですので、しっかり把握しておくことをおすすめします。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です