マイナンバーで副業はバレる?

【コラム】マイナンバーで副業はバレる?

こんにちは!新井です。

今回は「マイナンバーで副業はバレるのか?」

ということをお話ししていきます。

 

会社員のひとが収入をあげたいと思った時に

いちばん手取り早いのが副業です。

ですが、副業が会社にバレたら大変!

という方も多いと思います。

そこで、その解決策を伝授していきます。

 

結論から言うとマイナンバーと

会社に副業がバレるというのは関係がありません。

副業がバレてしまう原因は住民税です。

 

たとえば、

Aさんが会社で年収500万をもらっていたとしましょう。

彼の住民税はだいたい20万ほどです。

しかし役所から会社へ送られてきた

住民税の額は30万だとすると

ここで、食い違いが生じます。

住民税が30万ということは

Aさんの年間の収入は600万あるわけです。

ここで会社側がAさんの住民税の違いから副業を疑うわけです。

これが会社に副業がバレる理由です。

 

解決策としては、自分で確定申告をするということです。

その際、住民税を会社の給料から天引きではなく

自分で納付するという欄にチェックを入れることで

会社にバレずに副業をおこなうことができます。

自分で納付することは普通徴収といい

会社に天引きされて納付することを特別徴収といいます。

自分で税金を納めればいいというわけです!

 

ただし、副業としてアルバイトをすると

ほぼ確実に会社にバレます。

これは、上記のような申請ができませんので

もし副業を禁止している会社なら処分の対象になると思います。

 

ですから、会社員を続けながら手取り早く収入をあげたいと

思っているのなら、アルバイトではなく

副業でビジネスを始めることをお勧めします。

そうすれば、会社にもバレずに

ビジネスで稼いでいくことができ

さらには、将来的に自分で稼ぐスキルを

身につけることができます。

これがもっとも賢明な方法ですので

あなたも副業として

ビジネスで稼ぐということをおすすめします。

新井まさひろ

 

★LINE友達募集中です。
よければお友達申請お願いいたします。

LINE ID ⇒ @mosa(@も含めてID検索してください)

スマホからワンクリック追加はこちらから(パソコンの場合QRコードを表示できます)
友だち追加数

 

★メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)

スマホで1日7万稼ぐメールマガジン

 

(オススメ記事)→企業や国も副業を推進している事実を知っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です