稼ぐために必見知識!転売ビジネスの利益率と回転率

フリマ転売での有在庫転売の回転率と利益率についてお話ししていきたいと思います。

初心者の段階では、国内から仕入れる人がほとんどでしょうが、ある程度稼げるようになったりフリマ転売について熟知してきたら海外仕入れを行うと利益率が上がると聞いて、取り組んでみたいと思っている人も多いでしょう。

海外仕入れは聞こえはかなり難しそうですが、実際はそんなことありません。

今回は、利益率の考え方や回転率の重要性についてお話ししていこうと思います。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

利益率と回転率の考え方

今回お話しすることは利益率と回転率についての2点です。

ある程度売れる商品を見つけることができるようなリサーチ力がついてきたら、今度はこの利益率と回転率をいかにしてあげるかということを考え、実践してきます。

しかし、利益率と回転率の本質を知っておかないと今後より転売ビジネスを大きくしようと思った時につまずくことがあります。

 

ということで、今回は

・利益率

・回転率

この2点についてお話ししていこうと思います。

参考:転売ビジネスで稼ぐための黄金の3ステップ

 

利益率とはなにか?

フリマ転売などの有在庫転売で一番利益率が大きいのが海外仕入れです。

この海外仕入れのメリットは、物価と人件費が安いという点です。

 

利益率というのは「利益÷販売価格」で計算します。

たとえば、中国市場にて2000円で販売されている商品を仕入れたとしましょう。

そして、日本で4000円の商品として販売に成功したとします。

この場合の利益率は50%になります。

 

利益(2000円)÷販売価格(4000円)×100%=50%という計算ですが、

この利益率が高くなればなるほど、儲けも大きくなるわけです。

しかし、実際には手数料や送料などのコストがかかってきますので、詳細に計算してみましょう。

参考:利益が必ず取れる9つの商品を大暴露

 

Amazonで販売する場合していく場合を想定します。

利益(日本の商品価格-手数料や送料等のすべてのコストを含めた仕入れ価格)÷日本での販売価格(Amazonでの販売価格)=利益率(×100%)

売上に対しての収益を見るには重要で、商品の仕入れや販売の際には必要になる知識です。

 

ここで、あなたの練習問題をひとつ授けます。

 

①1つ売れると100円の利益が出るおもちゃ

②1つ売れると1,000円の利益が出るおもちゃ

 

上記の①と②では②の商品を仕入れた方が1つ売れた時の利益は大きいですよね。

では①と②を踏まえて以下の場合を考えてみてください。

 

①の販売価格は1,000円

②の販売価格は100,000円

どちらの利益率が良いか計算してみてください。

そして、どちらを売っていくことが売上を最大化できるのかを判断しみてください。

 

①は100円÷1,000円×100%=10%

②は1,000円÷100,000円×100%=1%

 

利益と販売価格が分かれば、①の方の利益率が高いことが分かります。

ですので、①の方の利益率が高く、手頃な価格のタメ多くの人に売れる可能性が高く、いい商品ということが分かります。

 

ちなみにプラス知識として押さえておくと便利なものが原価率と値入、粗利率です。

・原価率=仕入れ(原価)÷売上(販売価格)×100%

・値入(販売価格)=原価÷(1-利益率)

・粗利率=粗利(売上総利益※売上高-売上原価)÷売上×100%

総合的に覚えておくことが、利益の最大化のために必要だと思います。

参考:メルカリへ自動出品補助ツールでぼろ儲け

 

回転率とはなにか?

そもそも回転率とは、「商品の流動性=商品の売れ具合」です。

極端に利益を重視をしてしまうと高単価商品をあつかっていくことになります。

しかし、極端に単価が高い商品というのは頻繁には売れません。

 

たとえば、家電や高級なアクセサリーなどは頻繁に買いませんよね?

通常は買い替えの時は特別な日などにだけ買うと思います。

 

逆に単価の安い商品というのは一般的には消耗品やリピートになりやすいものがあります。

たとえば、洋服や雑貨、生活用品などは頻繁に変われます。

つまり、これが回転率がいい商品となるわけです。

 

ですが、大切なのはバランスです。

回転率が良い商品だとしても、薄利多売ですと利益があまり残らないという事態が発生するのでまずは利益率50%以上を基本としていくと良いかと思います。

仕入れた商品が利益率50%以上で売れるといいのですが、市場は変動するので市場に合わせて値下げをしないといけないことなどもよくあります。

 

有在庫の考え方として、

回転率>利益率>利益額

これを意識して、売れない商品を在庫として抱えるという事態はなんとしてでも避けるべきです。

売れない商品は、安くでさばいていく。

つまり、損きりも必要な場合もあるということです。

 

資金的に余裕がる人は別ですが、在庫は基本あまり抱えない方が健全なビジネス運営ができます。

当然、最初考えていた通り高く売れる商品などもあると思いますので、そこでがっつり利益を残していくこともいいと思います。

参考:確実に利益をだす「電脳せどり」のテクニック

 

まとめ

転売には利益率と回転率というのは非常に重要な概念です。

利益を最大化させるために大切なのは「回転率>利益率>利益額」を意識していくことです。

あとは資金が乏しい場合は在庫をかかえすぎないということです。

 

売れ残ったら赤字ギリギリラインで安くで出品して売りさばきましょう。

結局月で見た時の残った額(利益額)が重要です。

利益率と回転率のバランスを考えながら、有在庫転売を行なっていきましょう。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です