電子マネーと仮想通貨の決定的違い

今、世間に話題を提供している「仮想通貨」、どういうものかご存知でしょうか。

イメージとしては、電子マネーのように考えている方が多いのではないでしょうか。

実は、電子マネーと仮想通貨はイメージ通り似ている所もありますが、全く違う物なので す。

その違いを見てみましょう。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

電子マネーって何?

電子マネーとは、現金で買い物などの支払いを行うのではなく、カードで支払いを行いま す。

カードで支払うことと言えば、クレジットカードが連想されますが、クレジットカードとは 全く違ったものです。

クレジットカードは、月に一度、銀行などの指定口座からカードで買い物をした金額が、引き落とされます。

電子マネーの一番のポイントは、使用する前に現金を電子マネーに入金しなければなりません。

この入金をチャージと言います。

 

このチャージした金額の範囲で、お買い物が出来ます。

逆にチャージが無ければ、電子マ ネーの役割は一切果たすことはありません。

さらにお買い物はできません。

なお、通常のチャージは、チャージするお店の店員さんに現金を渡して行います。

しかし、電子マネーにチャージされてる金額が一定の残高を下回れば、自動的にチャージを 行ってくれる方法もあります。

これは、指定したクレジットカードから、自動でチャージ出来る方法です。

チャージの上限は、2万円位のものが多いです。

自動チャージは無理ですが、未成年の方やお子様でも簡単に入手し、使用することができ ます。

 

電子マネーの種類 具体的な電子マネーを紹介しますと、「WAON」、「Suica」また「nanaco」などのカード 類が一般的です。

これらのカードは「プリペイド型」と言われ、事前にチャージが必要になる電子マネーで す。

そのほか、「ID」、「QUICKpay」などのカードもあります。

これは、クレジットカードに近いものがあります。

事前にチャージする必要はありません。

使用した金額は、すべてクレジットカードからの支 払いになります。

 

従って、クレジットかードか必要になります。

当然クレジットカードの発行審査に合格する 必要もあります。

この種類の電子マネーカードを「ポスペイ型」(後払い型)と言います。

また、媒体としては上記のカードの他に、携帯電話を使用した「お財布ケータイ」、App leから販売されている「スマートウォッチ」、また時計のリストバンドから電子マネーを 使用できるシステムもあります。   

参考:格安スマホのメリット・デメリットまとめ

 

仮想通貨って一体何者なのか

簡単に説明すると、仮想通貨は、インターネット上に存在するものです。

紙幣や硬貨のよう に形がありません。単なるデータになります。

このデータが通貨(お金)になります。

 

仮想通貨が、インターネット上のデータであると、説明してもイメージするのは、難しい でしょう。

そこで簡単ですが、仮想通貨を使用した買い物の流れを追って見ます。

まず、現金を支払い仮想通貨を購入します。

手続き方法は違いますが、ドルと円を交換するイメージです。

購入された仮想通貨は、インターネットを通して「ウォレット」というお財布に入って来ます。

 

この「ウォレット」とは、スマホやパソコンに入れるアプリの総称です。

「ウォレット」の中の仮想通貨は、仮想通貨の使用ができるお店に行き、商品の購入時にス マホを使用して支払う事ができます。

これは、先ほどお話した電子マネーの使い方と似ています。

 

支払いの媒体の中に、お金になるものを入れ、代金として支払う形です。

電子マネーは、カードやスマホ等を支払いの媒体とします。

一方、仮想通貨の支払い媒体はスマホ、あるいはパソコンです。

しかし、一点だけこの一例で大きな違いがあります。

それは、電子マネーは、基本、自分で現金をチャージし支払いをします。

 

仮想通貨は、銀行口座を通して仮想通貨というデータを入手します。

通貨そのものが自分の手元に来るのではなく、アプリの中にデータが入ってきます。

そし て、アプリからデータで支払いを行います。

 

前述いたしました通り、通貨そのものの実態を、目にすることはありません。

これが、「仮想通貨は、インターネット上に存在するデータです」と、言った事です。

 

電子マネーの特徴

電子マネーと仮想通貨はどのような特徴を持っているのでしょうか。

両者の特徴を見てみましょう。

 

電子マネーは日本国籍、 

「電子マネーが日本国籍」と、いう意味は、電子マネーは日本でしか使用することが出来ま ないということです。

理由は、電子マネーは、日本のお金「円」の支払い決済の手段として作られたからです。

ですから当然、ドルやユーロでチャージはできません。

 

電子マネーの働き

この手段は、生活に密着した一般企業が自己商品の販売網を築くために構築した集客システ ムです。

そのシステムには使用者に対し、会計時の便利さのみではなく、何かの付加価値を付けるこ とで、より集客に弾みをつける物となります。

 

最も良い例が、企業のグループ内で電子マネーを使用して買い物などをすると、電子マネー にポイントがどんどんたまる、といった物があります。

このように、企業側からすると電子マネーは、集客のためのツールであり、私たち個人とし ては、便利でお得なツールという働きをしています。

参考:【保存版】ネットビジネスで役立つGoogle機能まとめ

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨は無国籍 円やドルまたはユーロなどといえば、使用できる範囲が限定されます。

その使用範囲の限定 で、おおよそ使用できる国などがわかります。

しかし、仮想通貨には、使用できる範囲の指定がありません。

いわば、国籍がありません。

 

従って、仮想通貨には世界中において使用(支払い等)できるお金です。

アメリカにおいてもイギリスでも、香港でも南米でもアフリカでもすべて同じ仮想通貨で決 済できます。

仮想通貨で代表格の「ビットコイン」も世界中で使用できます。

 

仮想通貨は価格変動がある

仮想通貨は、株式やドルなどの様に、価値が変動します。

株式は各企業が発行しますので、各企業の業績等により、株価は変わります。

 

また、外貨投 資FXなどは、経済や国際情勢に大きく左右され変動します。

そして、仮想通貨の変動は、人々の信用により起こります。

 

仮想通貨の変動要因

仮想通貨においては、一般通貨のように中央銀行に相当するものはありません。

従って、仮想通貨そのものを管理する機能がありません。

そのため、仮想通貨に必要になるのは「信用」です。

 

この「信用」を、いかに多く世界の人々に持ってもらうかが、問題です。

多くの人が、仮想通貨を信頼して購入すれば、仮想通貨の価値は上昇します。

逆に多くの人から信頼が薄れてくれば、仮想通貨を手放す人が増えるでしょう。

そうなると、仮想通貨の価値は下がり、価格も下がります。

このように、仮想通貨の生き残る道は、信頼の需要と供給により成り立っています。

 

仮想通貨の問題

仮想通貨は、英語で「cryptocurrency」、「virtual-currency」といいます。

日本語になおすと、前者は「暗号通貨」、後者が「仮想通貨」です。

実際、多く使用されている呼び方は前者の「cryptocurrency」が、一般的に使用されています。

 

「暗号」、「仮想」と命名されるのは、先のお話の通り実際に目に見えないお金であるからです。

仮想通貨は、インターネットを通して、ウォレットというクラウドに保管されます。

このクラウドのセキュリティーシステムが確実に成り立っていないと、2018年1月に起き た、コインチェックの仮想通貨流出事件などが起こりやすくなります。

 

これは、「セキュリティーは安全である。」と、していたが実際は甘かったということが判明した事件です。

「目に見えないお金」、「インターネット上のお金」と考えると、今後の課題として、より確実なセキュリティーシステムの早期の確立が、重要な課題になります。

あと、当然ですが、ウォレットが入っている如何に関係なく、自分のスマホを落としてし まったり、紛失してしまった場合も考えて、自己管理のセキュリティーも確実に行っていく 必要があります。

参考:ビットコインが暴落から学ぶ教訓

 

まとめ

電子マネーは、多少のデメリットもありますが、デメリットよりメリットの方が優るため、 広がりを見せています。

そして、電子マネーシステムを提供している企業と、そのシステムを利用している私たちと の需要と供給が合致した結果です。

一方、仮想通貨は同じデジタルでも電子マネーと世界が違います。

仮想通貨は、世界を相手に価値を広げようとしています。

 

仮想通貨の変動は、最近目覚ましい物があります。

上昇変動が激しいため十分な信頼を得ると同時に、逆に不安感を抱く場合も出てきました。

そして一時的な盛り上がりとして、危機感が漂っています。

価格が上昇することで、信頼を得たというバロメーターになるのであれば、一時的なバブル とならないよう、願うばかりです。

 

仮想通貨を手に入れ、買い物をする分には良いでしょうが、その買い物においても、価格変動が左右します。

「昨日の相場の方が、安かった。」など、日常で言葉を耳にするかもしれませんね。

電子マネーと仮想通貨、それぞれの勝負している土俵が違うため、比較はできません。

しかし、決定的な両者の違いを大きく言えば、電子マネーは国内のシステムであり、仮想通 貨は、国際的な投資となります。 この違いは、理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です