facebook広告を上手く使いこなす5つコツ

facebook広告をうまく使いこなすには、どのような点に気をつければよいのか。使い始めた時はよくわからない点が多いことでしょう。

facebook広告に関してインターネットから情報収集して使いこなすためのノウハウを作り上げていくのは大変な労力と時間がかかります。

 

ここでは、facebook広告についてインターネットを駆使して収集した情報を採り上げたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

目的にあったキャンペーンを実施するための調査

facebookページのサイトクリックやコンバージョンをキャンペーンの目的として利用するのではなく、明確な目的を調査します。

facebook上で取り扱っている商品などの認知度を高めるのか、facebookページの訪問者数を増加したいのか、商品を購入してもらいたいのかなどです。

 

facebook広告を通じて読者や訪問者にどのような行動をしてほしいのかを考え、目的にあったキャンペーンを展開することによって広告効果が高まります。

参考:facebookをビジネス利用する3つのメリットと活用法

 

読者獲得のキャンペーンを展開する

読者獲得のためには、facebook広告のほかにプレゼントキャンペーンを実施することです。

プレゼントキャンペーンの商品例としては、facebookユーザー向けのノベルティグッズで読者が関心を示すようなグッズの提供です。

 

これによって読者数の増加や反応率の増加に期待が持てます。

ノベルティグッズ以外に「現金3万円プレゼント」というような多くの人が欲がるキャンペーンを展開すると、一時的ではありますが、反応率が高くなります。

 

しかし、多くの人が欲しがるような商品の獲得を目的とした読者が集まると本来の読者が次第に減少し、反応率の低下につながることもあります。

その反面、facebookページの新たな読者として訪問数の増加につながり、反応率も高くなる可能性もあるため、組み合わせてのキャンペーンを展開する方法もよいかもしれません。

 

読者が最も注目するバナーに力を注ぐ

facebook広告を読者が注目する順番は

  1.  バナー(画像)
  2.  広告文(バナー上の文言)
  3.  facebookページ
  4.  タイトル(バナー下の文言)

の順です。

 

最も注目されるものは画像付きのバナーです。

活字で訴えても十分に伝わりますが、心に残るような画像に文字を張り付けたバナーは最も効果的です。

 

バナーが悪ければ、読者も離れてしまい、広告を見てもらえません。

バナーの質も同じでいくら広告文の質が良くてもバナーの質が劣るのであれば、クリック率に大差が出ます。

facebookの広告は、質の良い広告文やバナーを作ることに最大限、注力することです。

参考:インスタグラムのアカウントが凍結になる4つの理由+α

 

読者層の分析を行い、ターゲットを細かく設定する

facebook広告のメリットは、広告に対して全体のうち、どのくらいの読者が閲覧したかを分析できることです。

関心度が高く、魅力のある広告をさらに活用するために必要なことは、広告表示の対象となる読者を細かく設定することです。

設定できるターゲットは次の通りです。

 

  1. 地域の設定:国・都道府県・市区町村など
  2. ユーザー設定:年齢・性別・交際ステータス(独身、交際中、既婚など)・言語・学歴・勤務先など
  3. 趣味・関心:好きな活動・イベント・趣味関心など
  4. つながり設定:広告主とつながりのある読者のみ配信・広告主とつながりのない読者のみ配信・詳細なつながり設定・キャンペーンなど
  5. 支払い設定:アカウントの通貨・国・時間帯など
  6. キャンペーンと予算:広告キャンペーン名・キャンペーン予算など
  7. 配信日程:今日から配信・日程を決めて配信など

 

これらのターゲットを細かく設定することができます。

またターゲットを設定することで、成果の良点や欠点の要因を知ることでfacebookの広告に活かしていくことができます。

 

2種類の課金方式を使い分ける

課金方式には2種類用意されています。

一つはインプレッション型の課金方式(CPM)とクリック型の課金方式(CPC)です。

CPMは広告表示で課金となり、CPCは広告をクリックされた時点で課金されるという内容です。

 

出向する広告内容やターゲットによって、課金方式も変わるため、費用対効果を高めることもできます。

facebook広告を使い始めたばかりの時はCPMかCPCのどちらを選択したらよいかの判断も難しいため、両方の方式で出稿し、反応を見ながら適した方式を選択するのが良いです。

参考:Facebookのアカウントが凍結する5つの理由を解説

 

まとめ

以上、facebook広告を上手く使いこなすコツについて採り上げました。

課金方式による広告は、予算の設定でも大きく変わってきます。

 

予算額の高い広告は、バナーの出現率も高く、予算額の低い広告でも質の良い広告文とバナーであれば十分な効果を得ることも可能です。

facebook以外のSNS広告との違いを十分に把握してfacebook広告を活用していただきたいです。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です