転売が違法になる行為2つを徹底解説

転売は違法だというイメージが先行してなかなか行動に移せない人が多くいます。

しかし、転売というビジネスモデル自体は違法ではありません。

ただ、ダフ屋と呼ばれるものや、転売ヤーなどとネット上で呼ばれていたりして、あまり良いイメージではないのは確かです。

転売ビジネスに取り組んでいてモヤモヤしている人はそういうイメージを持っている人が非常に多いのが事実です。

転売には違法行為もあります。

 

その違法こうをしっかり知っておけばあなたは安心して転売ビジネスに取り組むことができ、今後月収50万、100万円と大きく稼いでいこうと思った時にとても効果があることと思います。

では、今回は転売が違法になる2つの重要なことについてお話ししていこうと思います。

あなたが転売ビジネスでしっかり稼いでいくためには転売というものをよく知っておかないと今後絶対に困ることが出てくるので、転売で大きく稼いでいきたいと思っているのであれば、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

転売が違法になる時とは?

では早速転売が違法になる時をお話ししていこうと思います。

転売が違法になる時には大きく分けて2つあります。

1、古物商を持っていないのに何度も仕入れをする

2、チケットのダフ屋行為

 

大きく分けてこの2つがあります。

では、この2つについて詳しく見ていきましょう。

参考:転売初心者が店舗仕入れを攻略する究極メソッド

 

古物商を持っていないのに何度も仕入れ行う

古物というのは中古品のことです。

中古品を扱う転売をする場合は、なんども仕入れが必要になるので、必ず古物商が必要になります。

古物商は資料の準備こそ大変ですが、一度取ってしまえばどれだけ中古品を仕入れても違法とはならないので、ぜひ早めに取っておくことをオススメします。

 

また、古物商がないのにも関わらず公になんども仕入れをを行うと、3年以下の懲役や100万円以下の罰金があります。

ただ、古物商を持っていないだけで捕まるのは絶対に避けるべきです。

 

ちなみに、古物商の取得する際に必要な資料は

1、古物商許可申請書

2、直近5年間の経歴を記した経歴書

3、誓約書

4、住民票の写し

5、身分証明書

6、登記事項証明書

7、賃貸住まいであれば賃貸契約書の写し

8、賃貸住まいであれば借家での使用許諾書

9、家の地図

10、間取り図

11、収入印紙(19000円分)

この古物商は最寄りの警察署で取得することができるので、早めに取得しましょう。

参考:転売で「古物商」が必要なケースを徹底解説

 

チケットのダフ屋行為

チケットのダフ屋行為というのは、転売目的でチケットを仕入れて転売することです。

もし何か用事が入ったので、行けなくなったらヤフオクやメルカリに出品するというのは大丈夫です。

チケットのダフ屋行為は違法だと知っている人も多いのではないでしょうか?

野球場などで酔っ払いのおじさんなどが、1000円で購入したチケットを球場に来ていた人に2000円で売るというのが一番わかりやすい例だと思います。

 

また、最近では女子高生がチケットのダフ屋行為で200万円以上儲けたという話も聞きます。

それくらいチケットのダフ屋行為は難易度も低く誰でも稼げるのですが、違法なので絶対にやらないようにしましょう。

チケットのダフ屋行為だと知らないで実際に実践して稼いでいる人がいるかもしれません。

 

もし、あなたがやっていたらすぐにやめるべきですし、あなたの周りにそういう人がいればすぐに止めてあげてください。

チケットのダフ屋行為はインターネットに出品すればすぐにバレる可能性があります。

わざわざ犯罪行為を犯してまでも稼がなくても、違法ではない方法でも大きく稼ぐことができます。

 

違法行為で稼いでいてもいつ捕まるのかとビクビクしながら実践しないといけませんし、何もメリットはありませんよね。

しっかりと稼ぐ力を身につけて今後一生会社に属して生きていかなくても良いように、まずはしっかりとした転売ビジネスモデルで勉強しましょう。

参考:メルカリ本人確認必須へ!転売ビジネスに与える影響

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

転売には『古物商』と『チケットのダフ屋行為』の2つが違法行為だというお話をしました。

もし、今中古品の転売を行なっていて、稼ぎは少ないからまだ『古物商』を取得しなくてもいいやと思っていてもそれは犯罪です。

資料集めは大変ですが、一度取得してしまえば、あとはずっと古物商を持って合法で転売ができるので、今すぐ取得しましょう。

 

また、『チケットのダフ屋行為』を行なっていたかもと思った方は、今すぐやめましょう。

チケットのダフ屋行為なんかよりも稼げる転売ビジネスモデルはたくさんあります。

私のLINEでは、稼げる転売についての情報も配信しているので、ぜひ友達追加してみてください。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です