今大注目のインフルエンサーの役割と収入を徹底解説

この記事では今大注目のインフルエンサーの役割と収入を徹底解説していきます。

インフルエンサーを簡単に言えば、ネット上で影響力を持ち企業の商品やサービスを多くの人に宣伝する人のことを指します。

では、具体的役割や収入について見ていきましょう。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

インフルエンサーの役割と収入とは?

インフルエンサーとは、英語表記では「influencer」と書きます。

フランス語の「Infuruensā」が英語表記になっていました。

「影響」「感化」「左右」「与える」「関わる」などといった意味を持つ「influence」が人称表記「influencer」となったものです。

 

インフルエンサーは、マーケティングの世界で使用されている用語です。

社会に多大な影響を与える人のことをいい、芸能界にいる著名人やユーチューバーなどの評価した物事や商品がブームの火付け役となり、人々の購買意欲につながるというものです。

それではインフルエンサーについてその役割と収入についてお伝えしていきます。

参考:情報発信で「コンセプト」という中心軸を決める

 

インフルエンサーが活躍するプラットフォーム

「プラットフォーム」とはインフルエンサーが与える影響によって動かすために必要な、土台となる環境のことを言います。

インフルエンサーとは実際にどのような方なのでしょうか。

それはTwitter、InstagramなどのSNSにおいてたくさんのファンやフォローを抱えている人々のことを指します。

 

Twitterはもともとテキスト文字による発言や表現によって注目を集めている人が多くみられます。

政治やビジネスのニュース性の高い領域、映画やアニメ、ゲームなどの領域でフォロワーを集めています。

写真や動画の領域においては「こんなのしてみました」のような投稿で人気を集めているインフルエンサーも徐々に増えてきました。

 

バラエティ番組などで活躍している芸能人が、ある分野の商品を紹介すると視聴者はその解説ぶりに納得すると購買意欲が高まってきます。

購買意欲に火が付くとちょっとしたブームになり、商品の売上額があがります。

 

アメリカ大統領 トランプ氏のTwitterによる発言はニュースで取り上げられていますが、その発言内容は世界中の人々に多大な影響を及ぼしています。

注目度が高いという証としてフォロワー数だけでも2,000万人を超えているといいます。

 

写真や動画の領域では、人気芸能人が気に入った商品の写真撮影後、InstagramなどのSNSにアップロードするとたちまちフォロー数やフォロワー数が増えていく傾向にあります。

インフルエンサーが各分野の領域内での発言や商品を紹介すると、視聴者は詳細を知るためにYahooやGoogleなどで検索せず、情報発信のスピードのあるSNSで検索する行動を起こします。

インフルエンサーの活躍するプラットフォームはYahooやGoogleではなく、SNSへ移り変わりつつあります。

 

インフルエンサーの先駆け

2002年ごろ、日本では様々なブログサービスが始まり、ブログブームが起きました。

影響を持つブロガーのブログは、広告媒体としての価値を持っていることから、ブロガーが紹介している商品の売れ行きが良くなるということで、多くの企業がマーケティング施策として採り入れるようになりました。

 

とくに美容品、健康食品などはブロガーをマーケティング市場も起用してきました。

このことからインフルエンサーの先駆けとなっているのは、ブロガーであることがわかります。

参考:SNSでの情報発信0→1で気をつける3つの点

 

インフルエンサーの活躍舞台となるプラットフォームの拡大

インフルエンサーの活躍の舞台はブログに限定されていました。

ブログのほかに動画投稿サイトのYouTube、ニコニコ動画、TwitterやFacebook、Instagramといったソーシャルメディアに活躍舞台が拡大されています。

 

インフルエンサーの活躍舞台が拡大されている理由としては

・それぞれのSNSごとに利用しているユーザーの特色があること

・SNSメディアで影響力のあるインフルエンサーにも特色があること

などが採り上げられます。

 

インフルエンサーとして活躍すると収入額は果たして?

欲しいと思う商品名がわかっていたら、オークションサイト、フリーマーケット、大手通販サイトなどで価格の調査や購入者の口コミなどを調べます。

もう少し情報が欲しいとかもっと確実な情報が欲しいときはやはりSNSへ検索をかけて情報収集します。

そこで活躍するのはインフルエンサーです。

 

SNSでのフォロワー数が多ければ多いほど、知名度が高くなり、インフルエンサーと認められやすくなります。

インフルエンサーとして認められる数値は、アンケートなどの集計により平均10,450人です。

フォロワー数が5,000人を超えると企業から声がかかり、インフルエンサーとして活躍する機会が増えてきます。

 

インフルエンサーとして活躍した時、どのくらいの収入があるのでしょうか。

インフルエンサーの多くは「フリーランス」としての技能や能力のある人がそれぞれの専門分野の知識を活かしながら,インフルエンサーとして活躍しています。

 

アンケートによる調査結果では平均月収12万円超が最も多く、次いで5万円以内、全体の2割程度の回答では5万円~10万円という結果となっています。

中には月100万円を超えるインフルエンサーも存在し、主な収入源としているインフルエンサーもいます。

参考:起業家が情報発信するべき4つの理由

 

まとめ

というわけで、インフルエンサーについてまとめてみました。

活躍舞台となっているSNSでのフォロー数やフォロワー数をいかにして増やしていくのかによっては収入額の差が出ます。

主たる収入源するにはまだまだ多くの情報を得る必要があります。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です