初心者が情報発信の時に押さえておくべき4つのポイント

インターネットビジネスでは転売やアフィリエイト、情報販売などさまざまなビジネスモデルがありますが、最終的に行きつく場所は情報発信です。

情報発信のあとはアフィリエイトか情報コンテンツを販売のように収益化に向けてのアクションをしていくようになりますが、この「情報発信」のところが非常に重要になります。

情報発信が初心者の方やまだ効率的にできていないという方はこの記事を読んで、情報発信の際のポイントを押さえることをおすすめします。

4つの点に気をつけることができれば、効率的かつ濃い見込み客を毎日獲得していくことができます。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

情報発信で気をつけるべき4つのポイント

情報発信できをつける4つのポイントを解説していきます。

SNSを見るとネットビジネスやネットワークビジネスをやってそうなアカウントを多く見ますが、はっきり言って情報発信が下手すぎます。

どういうものか、具体例をいくつかあげていきます。

 

「はじめまして!私は脱サラ後にSNS事業に参加をして今では自由に生活しています〜」

「こんにちは!日本初上陸のアフィリエイトビジネスをやっている◯◯です。興味あれば〜」

「フォローありがとうございます!完全サポートビジネスに興味ありませんか〜」

など、このようなDMが毎日スパム的に送られてくるのです。

 

これではネットビジネスで稼ぐどころから、スパム判定を受けアカウント凍結が待っているだけです。

あなたにはこういうレベルの低い情報発信をしてほしくないと思っていますので、ここでお伝えする4つの戦略をしっかり知識として吸収することをおすすめします。

 

4つの戦略は下記のものとなります。

商品の選定

ターゲット選定

セールスの仕方

出口戦略

参考:SNSでの情報発信0→1で気をつける3つの点

 

商品の選定

まずは商品を選定していきます。情報発信するということは、その後になにかしらアクションを起こし収益化していくわけです。

なので、どのような商品を持っているからもしくはアフィリエイトしていくか吟味していく必要があります。

まず考えるべきポイントはあなた自身の商品を持っているか、持っていないかです。

持っている場合、情報発信後の商品販売はそれになります。

 

一方、自身の商品を持っていない場合はアフィリエイトになりますが、軸を決める必要があります。

アフィリエイトといってもメルマガアフィリエイト、オプトインアフィリエイト、ブログアフィリエイト、SNSアフィリエイトなどがありますが軸をどれにするか決めることが大切です。軸というのはメインとなる収入源です。

あれもこれもやってしまうと思うように成果が出ませんので、しっかり軸を持ってください。

 

初心者がアフィリエイトをやっていく時におすすめなのはオプトインアフィリエイトです。

簡単にいえば、メルマガアフィリエイトやブログアフィリエイトは有料のものを紹介し成果報酬として収入が入ってきます。

しかし、オプトインアフィリエイトは無料のものを紹介し、成果報酬として収入がはいるというわけです。

参考:オプトインアフィリエイト×LINE@を徹底解説

 

つまり、有料か無料どちらを紹介していくかという違いです。

特に初心者の方は有料のものを紹介しても成約率はかなり低いですので、無料のものを紹介していくことをおすすめします。

無料でしたら「試しに登録してみるか」というユーザーも一定数いますので紹介しやすいと思います。

 

ターゲット選定

商品選定ができたら次にやることは「ターゲット選定」です。

ターゲット選定というのはあなたが紹介したい商品にあった人はどいう人なのかということを定義することです。

 

たとえば、ダイエット商品を売っていたとしましょう。

痩せられる商品なのに、太っていないガリガリの人を集客しても商品は売れていきません。

この場合の集客対象は「痩せたくて困っている人」です。

このようにあなたの商品にあったターゲットを定義します。

参考:見込み客リストを効率的に取っていくための4つの施策

 

たとえば、あなたが転売ビジネスの商品を売っていきたい場合、

・転売に興味がある人
・すきま時間を活用して副業したい人
・かんたんなビジネスを始めたい人

もっと言えば、

・30代の会社員
・独身
・ネットでお金を稼ぎたいと思っている人
・会社からの給料に不満を持っている人
・将来的に独立したいと思っている人

 

まだありますがキリがないのでこの辺りにしておきます。

このように商品に関連する人、さらには日頃なにかに不満に思っている人、将来脱サラ、独立をしたいと考えている人などがターゲットになります。

 

ターゲットを決めることで情報発信する際、よりターゲットに刺さる文言を並べることができます。

ターゲットがいないと大衆全員に向けて発信しますので、結果的に誰の心にも届かない文章になります。

ターゲット選定は商品を売っていくときに非常に重要な要素を持ちます。しっかり考えてみてください。

 

セールスの仕方

商品を決め、ターゲットを決めたら次にセールスをどのようにやっていくかです。

商品を売るということは必然的にセールスが必要になってきます。それをどのようにやってくかがポイントです。

 

セールスできる場所は主にメルマガやLINE@、ブログ、サイト、セールスページ、ランディングページ、電話、対面などがあります。

一般的にセールスでの成約率は対面が一番高く、文章が一番低いと言われています。

これは各個人の戦略だと思いますが、一番いい方法はメルマガに流して教育とセールスをしていく方法です。

 

メルマガで商品を販売していきたいという方はこちらの2つの記事をご覧ください。

参考:メルマガアフィリエイトで完全自動で商品を売る3ステップ

参考:メルマガで稼いでいる人全員が使う3つのストーリー

メルマガセールスは王道中の王道ですので、ここの知識はしっかり頭に入れておくことをおすすめします。

 

出口戦略

出口戦略とは一度商品を購入したユーザーに対して、どのように新たな商品を売っていくかを考えることです。

一度あなたの商品を購入した人は戦略によってはかなり濃い見込み客となります。

一般的な販売戦略としてフロントエンドとバックエンドがあります。

これは最初に安めの商品を販売し、その後に利益が取れるような高単価商品を販売していくという戦略です。

 

ここでのポイントは安めの商品でいかに相手の期待値を超えるかということです。

安い商品だからといって、雑に作ってしまえば本当に売りたいバックエンド商品を売ることはできません。

安いながらもかなり濃密なノウハウを提供することで相手の期待値を超え、その後「バックエンド商品はさらにいいものではないか?」という期待を持たれるというわけです。

 

つまり、ここで言いたいのは「売った商品の顧客に対してさらにアクションを起こす戦略を事前に考えておく」ということです。

上記で説明したもの以外にも、クロスセルと呼ばれる販売手法もあります。

通販サイトでよく見られるものですが、商品を買った人に対して「別の商品もいかがでしょうか?」という形です。

このように様々な出口戦略がありますので事前によく考えておく必要があります。

準備することにより、より大きな売上を出していくことが可能です。

 

参考:メルぞうプラチナ会員のレビューと超豪華10特典付き

 

まとめ

初心者が情報発信の時に押さえておくべき4つのポイントを解説してきましたが、商品の選定、ターゲット選定、セールスの仕方、出口戦略をしっかり押さえておくことが重要です。

これが事前にできていれば、より大きく安定的に売上をあげていくことができます。

あなたもこの4つのポイントをしっかりおさえておくことをおすすめします。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です