テクノロジーの発達から見えてくるもの

【コラム】テクノロジーの発達から見えてくるもの

こんにちは!新井です。

今日のテーマはテクノロジーの発達から見えてくるものです。

テクノロジーの一般的な定義は特定の分野における知識の実用化であり、知識の実用化によってもたらされる能力です。

簡単に言えば古いものから新しいものに変わるということです。

 

あなたの身近にも多くのテクノロジーがあります。

例えば携帯電話。

今から45年ほど前に携帯電話は誕生しました。

その当時は重さ550グラムほどで、

これは500mlのペットボトルの重さと大差変わりはありません。

それが進化するにつれ、現在はスマホが主流となりました。

昔は電話だけの機能だったのに、現在ではネットや仕事もスマホ一台で完結したり、世界中の人と交流ができたりします。

他にも車やパソコン、テレビ、音楽プレイヤー、掃除機といった生活の様々な所にテクノロジーはあるのです。

仕事や旅行といったこと、生活自体を変化させます。

仕事だけとってみてもかなりの変化です。

機械化が進み、単純な接客や計算などは人間がやらなくて済むようになります。

これがテクノロジーの進化です。

 

そしてここから見えてくるものがあります。

テクノロジーの発展は低賃金の仕事を海外に流失させるだけでなく、高給の取れる仕事の絶対量を減少させます。

つまりテクノロジーの発達で、会社はより安い労働を求め海外に生産拠点を移し、平均的な労働者は淘汰されます。

そして管理職以上の枠自体が減少していきます。

 

テクノロジーの変化によって勝利するのはビジネスオーナーであり、損をするのは従業員達なのです。

なぜならテクノロジーは常にビジネスの味方だからです。

例えばスマホやパソコンといったもの。

僕はこれさえあれば世界中どこにいても仕事ができます。

テクノロジーの発達が仕事の効率化や、やらなくてもいい仕事を減らしてくれます。

 

しかし従業員は違います。

必ずしもどこかに出勤しなければいけません。

その場所にテクノロジーが取り入れられようと出勤という形、給料に反映される額、勤務時間というのは変わることはありません。

だからこそビジネスオーナーが勝利するのです。

 

これからの時代さらにテクノロジーは進化していきます。

そして従業員でいる内には経済的、時間的自由になるための手段は皆無と言っていいです。

つまり、ビジネスか投資を始めるのが

このテクノロジーの時代で生き残る術なのです。

あなたも隙間時間を活用して始めてみてください。

 

★LINE友達募集中です。
よければお友達申請お願いいたします。

LINE ID ⇒ @mosa(@も含めてID検索してください)

スマホからワンクリック追加はこちらから(パソコンの場合QRコードを表示できます)
友だち追加数

 

★メルマガにてビジネス情報配信中です(毎日お送りしています)

スマホで1日7万稼ぐメールマガジン

 

(参考記事)得るものに意識を集中する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です