批判は広告だと思う重要性

【コラム】批判は広告だと思う重要性

こんにちは、新井まさひろです^ ^♪

よく新しいことを始めたり、

少し目立ち始めると批判が怖いです、

と思う方がいます。

 

しかし、私から言わせれば、

批判や嫉妬、妬み、そららに部類する負の感情は

すべて「広告」だと思っています。

というのも、例えば、

私のことを批判している人がいたとしましょう。

批判している彼は私のことを調べています。

そして、SNSや掲示板に書くわけです。

彼は自己満足で浸っています。

 

しかし、私は嬉しく思っています。

なぜなら、批判してる彼は私にとって

広告の駒でしかないからです。

通常、広告をだすためには

お金がかかりますが、

彼は無料で自分の時間を使って

タダでやってくれます。

これ以上に嬉しいことはありませんね^ ^♪

 

拡散すれば拡散するほど、

私はどんどん金持ちになります。

一方、彼は普通の生活を送るわけです。

これを見てわかるように、

批判というのはメリットしかありません。

 

また、新しく何かを始めるにあたって、

批判が怖いという人は、

そういう人に話をしないことがベストです。

批判する人の思考は常に批判対象を探します。

よく物事を否定から入る人もいるように、

何をいってもダメなわけです。

付き合わないことがベストですね。

 

というわけで、批判に関して

私見を述べていきましたが、

結局、批判する人は

行動している人のことを羨ましがっているだけです。

羨ましいからこそ批判という

防衛手段を用いるわけです。

私は彼らは広告の駒だと捉えていますので

いつまでも手の内にあります。

あなたも批判に対してこのように

考えてみることをおすすめします。^ ^♪

 

新井まさひろ公式LINE@

〜登録者数2200名突破〜

⇒ LINE@の追加はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です