独自ブログで必須なドメインの解説まとめ

この記事では独自ブログで必須なドメインについて解説していきます。

独自ブログとはワードプレスを利用して行うものですが、使うときにはサーバーとドメインが必要です。

独自ブログ初心者の方はこの記事でドメインの概念を学んでみることをおすすめします。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

ドメインとは何か?

パソコンと通信機器を使ってインターネット接続をしてホームページの閲覧やメールソフトを利用して登録されているメールアドレスの受信の確認などを行います。

特定のホームページを閲覧するためには検索窓と呼ばれるところに日本語などで文字を入力して、検索ボタンを押すと画面の上部にある横長の検索窓にhttp://~で始まる英文字が表示されます。

表示されている英文字に「ドメイン」が含まれています。

またメールアドレスの@の後ろ(右側)についている英文字にも「ドメイン」が含まれています。

 

「ドメイン」とは、インターネット上にあるコンピュータを識別するために使用する一定のルールに従って作られた文字列のことを言います。

インターネット上でコンピュータを特定する方法としては、「111.22.333.44」といった数字で表現するインターネット上の規定値IPアドレス(InternetProtcol)と文字列であるドメインを組み合わせることにより、IPアドレスを覚えていなくても特定のコンピュータにアクセスできることになります。その役割を持っているのがドメインです。

 

「ドメイン」はインターネット上の住所と言われていますが、本当の姿であるIPアドレスを住所としてわかりやすく表現している文字のことを指します。

ドメインについて参考となる情報を採り上げ、最後にまとめたいと思います。

参考:レンタルサーバー比較サイトまとめ

 

ドメイン登録の仕組みについて

ドメインを利用するときは、利用予定のドメイン名の持ち主とドメイン名が登録管理されるネームサーバーなどの必要な情報をレジストリと呼ばれるデータベースに登録します。

登録することにより、同じドメイン名を他の方が利用できないようにするためです。

この段階で登録予定のドメイン名が既に登録されていると、利用できませんのでドメイン名を変更することになります。

 

またレジストリは各ドメイン名を持つデータベースを管理している機関のことを指します。

ドメイン名はレジストリによって異なり、文字を選べることから登録については早い者勝ちとなります。

 

URL(ユニフォーム レスキュー ロケーター)におけるドメイン

URLとはホームページの場所を知らせる住所のようなものです。

URLを入力すると指定されたURLに関係するホームページがすばやく表示されます。

 

例えばhttp://www.○○○○○.comというホームページアドレスにて説明視します。

ホームページアドレスは、www(World Wide Web)という文字列をホスト名、○○○○○をドメインといいます。

ホスト名とドメインの間には区切りを示す「.」が入り、「www. ○○○○○」と表示すると指定されたホームページの住所となります。

参考:超初心者向け!ワードプレスを0からすべて徹底解説

 

メールアドレスのドメインについて

例えばmadoguti@○○○○○.comというメールアドレスについて説明します。

メールアドレスの場合は上記例の@の右側「○○○○○.com」がドメインになります。@の前にある「madoguti」が特定の送り先を示します。

 

具体的には「○○○○○.com」という住所の「madoguti」という送り先または届け出先という意味になります。

この2つの文字列を「@」でつなげることで1つのメールアドレスが成立します。

 

ドメインの種類について

ドメインは企業に限定されているもの(ccTLD)と世界共通で誰でも登録可能なもの(gTLD)と大きく2つに分けられます。

企業に限定されているものはNICと呼ばれるドメイン名の登録業務やIPアドレスの管理責任を移管することで設立された非営利団体が管理し、世界共通で誰でも登録可能なものはICANNという非営利団体が管理しています。

 

分野別ドメイン(gTLD)

利用者の居住国に関係なく、だれでも登録可能なドメインです。

(1)com:企業や商用サービスを表すドメイン

(2)net:主にネットワークサービスの提供者を表すドメイン

(3)org:主に非営利団体を表すドメイン(NPO・NGOなど)

(4)biz:主にビジネスを表すドメイン

(5)info:主に情報の提供者を示すドメイン

 

属性型JPドメイン名

国や地域ごとに割り当てられたドメインでその国や地域に在住する個人や団体でなければ取得できないドメインです。

(1)co.jp:日本国内で登記している会社や企業が登録できる

(2)or.jp:財団法人、社団法人、医療法人などの特定された法人組織が登録できる

(3)ne.jp:ネットワークサービスごとに登録できる

(4)ac.jp:学校教育法に基づく大学、高等専門学校、学校法人などが登録できる

(5)go.jp:日本国の政府機関、各省庁などが管轄する研究所や特殊法人が登録できる

※1組織1つしか取得できない決まりがあり、ne.jpを除いて個人が属性型JPを取得することはできません。

参考:WordPress集客の基礎と5大メリット

 

ドメインの取得方法

ドメインの取得方法は主に次の2通りになります。

 

1.レンタルサーバーのドメイン取得サービスで同時契約をする方法

レンタルサーバーとドメイン取得の同時契約については、利用料や更新料金などの価格面と設定や管理が容易であるというメリットがあります。

しかし、同時契約の場合はレンタルサーバーの利用料金分だけ割高になるというデメリットがありますが、割高の分だけセキュリティ面を考えると安心して利用できます。

 

またドメインを取得した場合は法律により、取得する前に登録予定者の住所や氏名、連絡先など事細かに登録しなければなりません。

それをWHOIS情報といいますが、同時契約を行っているレンタルサーバー提供会社が登録代行する場合があり、キャンペーンなどの実施により無料で利用できることもあります。

WHOIS情報の登録が完了するとホームページやメールアドレスを利用することできるメリットもあります。

 

2.ドメイン取得サービスで取得する方法

ドメイン名だけを取得する方法です。

ドメイン名は早い者勝ちとなりますので、レンタルサーバーなどは後回しにして、ドメイン名だけを取得します。

 

ただし、ドメイン名だけではホームページの開設やメールアドレスを利用することはできません。

ドメインを利用するためにはドメインの場所を確保するためのサーバー利用契約を締結する必要があります。

 

低価格であることは最大のメリットになりますが、WHOIS情報についてはドメイン取得者自身がすべて設定するか登録代行業者へ依頼しなければなりません。

コスト面から考えると最終的には同時契約の場合と同等ぐらいの経費がかかるばあいがありますので、ドメイン取得の際には十分に調査をする必要があります。

 

ドメインの取得のためのレンタルサーバー提供会社について

ドメインを取得する際の主なレンタルサーバー会社について紹介します。

1.お名前.com

2.ムームドメイン

3.スタードメイン

4.バリュードメイン

などです。

 

上記の中では「お名前.com」が最も知名度の高い会社です。

ドメインに関しては格安を超えて激安となっていることもあり、レンタルサーバーと同時契約することによりドメインを利用するために必要な設定を代行してくれます。

ドメインの種類が豊富であり、日本語ドメインの取得も可能です。

参考:簡単にブログアクセス数を増やす5つのポイント

 

まとめ

というわけで、ドメインについてお伝えしてきましたが、独自ブログを運営していく場合はサーバーと共にドメインも必須アイテムですので、しっかりをここの知識をおさえておくことをおすすめします。

ドメインは非常に安い価格で入手できますので、ケチらずしっかりしたものを取得することがメディア運営の基本です。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です