レンタルサーバー比較サイトまとめ

レンタルサーバーといえばお名前.com、エックスサーバー、さくらインターネット、ロリポップ、GMOクラウドなど多くの会社が混在しています。

上記に採り上げている業者以外にもたくさんあります。

そこでレンタルサーバーについて参考になる情報などを採り上げ、最後にまとめたいと思います。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

レンタルサーバーの強みについて

レンタルサーバーサービスのメリットは、サービスを提供している運用会社の運用スタッフによって、サーバーの管理・保守・セキュルティー対策が行われているので、利用者の負担が最小限に抑制できる点です。

自社でサーバーを用意する場合は、サーバーを購入後、管理・保守・セキュリティなどの運用ができる施設を用意して、自社サーバーを預けるハウジングと呼ばれる運用法を利用することになります。

 

万が一、障害が起きた場合は専門スタッフを派遣して対応することになるため、コスト面では多額の費用を負担することになります。

こうした問題を解決できる方法としては、ハウジング方式ではなく、レンタルサーバーやホスティングサーバーを利用することです。

これらについては多くの企業からサーバーサービスを展開され、仕様や価格は提供会社によってピンキリです。

参考:独自ブログと無料ブログのメリット・デメリットを徹底解説

 

レンタルサーバーを借用するときの注意点

レンタルサーバーを借用するとなれば、気になるのは価格面。

格安のレンタルサーバーは、質の良いサービスやWordPressなどCMSの簡単ダウンロード機能が付加されていないこともあります。

また運用していくうえで処理速度が低下してサイトの更新ができなくなったり、アクセスの集中によりサーバーがダウンするといった現象も起きます。

 

レンタルサーバーの選択によっては、作成したサイトが検索エンジンにどのように評価されるのかSEO対策に大きく影響してきます。

検索エンジンがサイトを評価する際の対象として、サイトの表示速度がかなり大きなウエイトを占めており、そのため安定したレンタルサーバーを選択することと金額だけではなく、実際に利用している方の口コミや個人向け・法人向けなど十分な下調べが必要になります。

参考:無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティーに関する安全性

 

レンタルサーバーの種類について

レンタルサーバーには「共用サーバー」・「VPSサーバー」・「専用サーバー」・「クラウドサーバー」があります。

「共用サーバー」はレンタルサーバーの中でも最も安価で、初めて使用する方でも簡単に利用できます。

「VPSサーバー」は「専用サーバー」と「共用サーバー」を併せ持つレンタルサーバーとなっており、使いこなすには少々知識が必要になります。

 

「専用サーバー」は利用者専用の領域を持ち、管理・保守・セキュリティ面ではしっかり整備されていることとサイトについては自由にクリエイティブに製作したいという方にはお勧めのレンタルサーバーです。

「クラウドサーバー」はクラウド環境に慣れていない方にとっては難易度も高い反面、レンタルサーバー自体のリソースを利用できるため、サイト製作も自由に組み立てることができます。

 

目的に合わせたレンタルサーバーを選ぶときの注意点

目的に合わせたレンタルサーバーを選ぶときは

(1)製作したいサイトの規模

(2)構成されるコンテンツ内容

(3)レンタルサーバーの口コミや評価

(4)サイトをCMS(コンテンツマネジメントシステム)で設計するかどうか

などの点に注意する必要があります。

 

サイトのコンテンツが大規模になれば、ある程度容量に余裕を持たせることも考えなければなりません。

またCMSでサイトを製作する場合は利用するレンタルサーバーも変わってきます。

 

例えばWordPressの場合は、「お名前.comレンタルサーバー」や「エックスサーバー」などは利用するための環境が整備されている点では適合します。

他のレンタルサーバーでも利用環境が整備されているため、利用者の口コミや評価を参考にして目的に合ったレンタルサーバーを選択する必要があります。

参考:簡単にブログアクセス数を増やす5つのポイント

 

最適なレンタルサーバーを選択するコツ

ここでは実際にレンタルサーバーを選択するときのコツについてお伝えしていきます。

主に下記の5つになります。

  • WordPressなど使いたい機能が使用できるかどうか
  • レンタルサーバーの利用料金の比較
  • 電話サポートの有無
  • サイトの見やすさとFAQの充実さ
  • サーバーの障害情報について

 

WordPressなど使いたい機能が使用できるかどうか

レンタルサーバーの利用料金等は100円から2万円前後まで選択肢があります。

安価であればあるほどメール機能やCMS、セキュリティ設定など機能的な制限を受けることがあります。

 

レンタルサーバーの利用料金の比較

提供している会社によっては初期費用や月額費用が異なります。

初めて利用する場合は目的に合っているかどうかを見ながら、価格について吟味する必要があります。

 

比較的環境が整っているレンタルサーバーの利用料金は1,000円前後です。

個人で利用する場合は安価設定でもよいのですが、法人としての利用する場合は管理・保守・セキュリティ面を含めて利用料を選択する必要があります。

 

電話サポートの有無

操作方法がわからない、説明文が理解できないなどといった場合に電話で解決することもあり、長時間かかりそうな場合はメール等で問い合わせることがあります。

問い合わせに対するレスポンスの対応についても利用者の口コミや評価を参照し、レンタルサーバーを選択することです。

 

サイトの見やすさとFAQの充実さ

レンタルサーバーを提供している会社のサイトが見やすいというのは常時ユーザを意識したサイトであると言えます。

専門用語を使用していることが多いため、初めて利用する方にとっては設定に苦労することもあり、最も問い合わせの多いコンテンツはトップページの見出しに設定し、利用しやすい環境を整えています。

またFAQなどはいくつかの項目を採り上げ、細部にわたった質問に対する回答が詳細に記されているサイトはユーザーを意識してなおかつ充実していることを示しています。

 

サーバーの障害情報について

レンタルサーバーは保守メンテナンスを定期的に行なっています。

利用してからしばらく期間が経過するとサイトの表示速度が不安定になることもあります。

レンタルサーバー側で何らからの障害が起きると場合によってはサイトが真っ白になり、これまでの保存内容が消滅することもあります。

障害情報については、レンタルサーバーを提供している会社サイトで定期的に確認することをお勧めします。

参考:ブログ記事の作成スピードを7倍早くするための4つの方法

 

おすすめのレンタルサーバー会社

レンタルサーバーはたくさんありますが、特におすすめなのがエックスサーバー です。

当サイトもエックスサーバーを利用していますが、ワードプレスでサイトを運営していくなら最も適しているレンタラルサーバーと言えます。

セキュリティーやサーバーの強さなど他を圧倒しています。

 

価格重視でいくならロリポップ がいいと思います。

サイト運営初期段階でそれほどPVもない状態で、なるべく価格を安くしたいという場合に適しています。

年間3000円ほどで借りることができます。

 

 

まとめ

レンタルサーバーの比較をお伝えしてきましたが、一般的なサイトを運営する場合はエックスサーバーを活用していくことが最もおすすめです。

また、初期段階でそれほどお金をかけていけない場合はロリポップで始めてみてください。

いずれにせよ、ワードプレスでの運営はそれほどお金はかかりませんので、あなたがビジネスをやっているならサーバーを借りて独自サイトをやっていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です