サイト運営でコンバージョンを極限まで高めるライティング術

この記事ではサイト運営でコンバージョンを極限まで高めるライティング術をお伝えしていきます。

サイト運営で大切なのはPVではなくコンバージョンです。コンバージョンは売上に直結しますので、これを安定的かつ継続的に取ることができるかが重要な要素となるのです。

ここではコンバージョンを効率的に取っていくためのライティング術を解説しています。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

コンバージョンとは?

多くのサイト訪問者を獲得するためには

  • 「売るための広告」であり、「販売につなげるための広告」
  • FacebookやGoogleアドセンスなどを利用したネット広告にリンク元を設定し、1ページで問合せから資料請求、購入までの流れを促す独立したページ

などを作成するときは、多くのサイト訪問者をコンバートできるような力強いライティングをしたいと思いませんか。

 

とはいっても有益な情報をユーザーに提供すれば良いというものでもなく、収益に影響を与える、つまりセールスにつながるコンテンツを作成することが重要となります。

それでは、コンバージョンを極限まで高めるライティング術について情報収集しましょう。

参考:SNSでの情報発信0→1で気をつける3つの点

 

文章次第では魅力が伝わらないこともある

インターネットで検索すれば、必要な情報がたくさんが見つかります。

一瞬だけ見て、欲しい情報が無いと感じるときは次のサイトへ移動する、という動きをする読者がほとんどです。

コンバージョンを極限まで高めるライティング術として重要となるのは訴求力です。

 

あなたは、「2割8割の法則」というのはご存知でしょうか。

サイトを訪問した8割の人がトップページを読み、惹きつけられた2割の人が詳細を知るためにページを進めていくというものです。

 

もう少し具体的な話をすると、アクセス件数が1日で1,000件あったとします。

1,000件というアクセス数は、1,000人の方が訪問閲覧したという考えもあります。

「2割8割」の法則は、アクセス件数の80%を何人のサイト訪問者で占められているのかを分析することです。

 

ワード検索すると表示されるサイトは、情報が溢れているために、的が得られるようなタイトルが必要になります。

ワード検索後に一瞬しか見てもらえないからこそ、訴求力のあるわかりやすいタイトルにすることが大切です。

ページを開いて5秒以内に記事の内容に訴求力があり、魅力が伝わるようなタイトルを表示しましょう。

参考:リスト取りを自動化する究極的な7つの方法

 

「誰(WHO)」に「何(WHAT)」を意識する

文章は、誰かに伝えたいことがあるからライティングするという考えは当たり前のことですよね。

普段の何気ない会話ではあるけど「どうでもよい話」をする人もいます。

話を聞いている側としては、自分に関係のない話と考えると、「どうでもよい」と感じることもあります。

 

また「とりとめのもない話(意図がつかめない話)」をする人もいます。

会話の目的が「ワイワイガヤガヤと楽しくお喋りをする」ことが目的だからです。

コミュニケーションは大切ですが、内容が整っていないことから文章としては修正が必要です。     

参考:ネットブランディングは強烈な威力

 

文章を誰(WHO)に伝えるのか決める

ライティングした文章を誰に伝えたいのか。

「誰」つまり対象とする人が具体的であればあるほど、訴求力が高まります。

 

たとえば、化粧水をテーマとして考えてみます。

  • 20代~50代の男女がターゲット
    保湿力の高い化粧水というだけで、訴求力はかなり弱くなります。

 

  • 20代の女性がターゲットの場合
    「モテ肌のメイク用化粧水」「すっぴんでも愛される肌」といった感情が表現され、20代の女性が持つ欲求に訴えるコンバージョンを極限まで高めるライティング術による文章を書くことができます。

 

  • 50代の女性がターゲットの場合
    「10歳若返るための化粧水」「気になるシミが消える化粧水」といった具合で、50代の女性が欲求するようなコンバージョンを極限まで高めた文章を書くことができます。

 

テーマによって対象が具体的であればあるほど、訴求力が高くなるのです。

 

文章で何(WHAT)を伝えるか決める

対象とする人、つまり「誰」が決まったら、次は「何(WHAT)」を伝えるか決めます。

こちらも対象を絞れば絞るほど訴求力が高まります。

 

たとえば、「最高の映画」を伝える記事を考えてみます。

  • 10代の男性を対象とした場合
    10代の男性が見た最高の映画ではなく、「10代の頃に絶対見たい映画10選」といったタイトルにしたらどうでしょうか。

このタイトルでは、訴求力が少し弱く感じます。

 

10代の男性にとって「最高の映画」とは、どんなものでしょうか?

  • カッコいいと感じるSFもの
  • 激しい戦いを広げるアクションもの
  • R2D2などの人工知能を搭載したロボットが登場するSF映画
  • 格闘のプロが教える正真正銘のアクション映画

 

など「最高の映画」というテーマから、少しだけ踏み込むと10代の男性にも伝わりやすいタイトルに変えることができます。

このように「誰(WHO)」に「何(WHAT)」が具体的になると、対象となる人を絞っても自然に訴求力が高くなります。

 

わかりやすい文章を書く

視覚的にとらえることのできる魅力的なタイトルが書けるようになったら、次は文章のライティングです。

新聞記事の場合は、小学生でも理解できるように記述されています。

大人を対象とする内容で記述されている経済新聞や経済に関する専門誌では、中学生が理解できるように編集されています。

 

専門用語で表現されている記事はたくさんありますが、対象を大人から中学生に読者層を広げることで、コンバージョンを極限まで高めようとしています。

ある程度対象が決まっているサイト情報はすぐに読み飛ばされてしまいます。

経済新聞などの例に習うとすれば、小学生でも理解できる内容を想定するべきです。

参考:コピーライティングに必要な5つのスキルと習得法

 

短い文章でライティングすること

「わかりやすい」という感情を持たせるには「文章を短く」することです。

これ以上のテクニックはありません。

 

次に示す例文を読んでみてください。

「招待を受けた会場内を歩いているときらびやかなドレスを身につけたAさんを見つけたが、Aさんが会場内にいる人と話している時に見せる笑顔がまぶしすぎて、私は後ろでそっと見ているのが精一杯で、会場の片隅で肉汁たっぷりのローストビーフを食べていた」

 

いかがでしょうか。

この例文では

  • Aさんの魅力を伝えたいのか
  • 恐縮していたことを伝えたいのか
  • ローストビーフを食べたことを伝えたいのか。

 

どれもあてはまるようですが、何を伝えたいのかがよくわかりませんよね。

極端な例ではありましたが、とにかく「わかりやすさ = コンバージョンを極限まで高めるライティング術」です。

 

専門知識を有する人がライティングすると専門用語が頻繁に表現されます。

専門用語もわかりやすく表現することで、サイト訪問者の中には一見訪問者だったのに、訴求力が高まり、コンバージョンを極限まで高めることも可能になります。

 

これまでのことをまとめると、コンバージョンを極限まで高めるライティング術とは

  • 「誰(WHO)」に「何(WHAT)」を伝えるのかはっきりと決めること
  • 「誰(WHO)」にはっきりと決めること
  • 「何(WHAT)」を伝えるのかはっきりと決めること
  • 難しい表現を避け、わかりすい文章を心がける

参考:【徹底解説】ライティングの時に気をつけるべき文章の構成

 

まとめ

以上の4点がポイントになります。

ライティングする文章に加えるかどうか迷ったら削り、分けるかどうか迷ったら分ける。

誰にでもわかる単語を使うなど、自分にとってライティングするのではなく、「読者の視点からわかりやすい文章」を意識することも大切です。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です