サラリーマンから起業する際の注意点

この記事ではサラリーマンから起業する際の注意点をお伝えしていきます。

近年、副業元年と言われ多くの方がビジネスや副業を始めています。そして軌道に乗り始めたらサラリーマンから独立というのが選択肢に入ると思います。

そこで独立し起業する際の注意点をいくつか解説しています。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

起業する際の注意点

会社勤めのサラリーマンが長年勤めていた企業を退職して、独立起業することは、独身者ならまだしも、家族がいて生活をささえる立場なら、今後の生活に大きな影響を与えることになります。

独立起業することは、企業勤めのサラリーマンと違って安定収入がなくなるため、万が一事業が失敗すると、家族にも迷惑をかけてしまうことになります。

 

起業は慎重に決断する必要がありそうです。

それでは、サラリーマンが独立起業をするときにどのような点に注意が必要かを探ってみましょう。

ネットビジネスで月100万最速で稼ぐ4ステップ

2018.03.15

 

サラリーマンではなく、事業主として意識を強く持つ

会社勤めのサラリーマンであれば、自分の役割をしっかり果たすことで、人材として評価されていきます。

人材として評価されることで、長年の経験がさらに評価され、昇進・昇給もあることでしょう。

 

ところが、独立起業となれば事業主として事業全体を見渡すほか、事業計画や事業収入、取扱品などの選定など、すべて事業主が行わなければなりません。

サラリーマンは、一定の役割で仕事をこなし、月給制で収入を得ることに対して、独立起業した事業主の収入は、事業計画に基づいて事業収入を得てから、給料という形で収入を得ることになるので、サラリーマンと全く異なります。

 

独立起業するということは、事業主としての意識を強く持ち、事業を続けるために、事業計画に基づいた事業収入を継続的に得る必要があります。

 

事業主として責任をもつこと

サラリーマンの場合は、業務で失敗をしても会社が責任をとってくれます。

ところが、独立起業した事業主は、事業主としてすべての責任を負わなければなりません。

 

サラリーマンの場合、業務で人と会って話す時間は、収入に影響はありませんが、独立起業した事業主は、自由な時間に変わりますので、時間の使い方次第では事業収入に大きな影響が出てしまうこともあります。

独立起業した事業主は、自由な時間ができる分だけ、事業運営と事業収入を得るためにすべての責任を負う必要があります。

 

事業運営に必要な知識を学ぶこと

事業運営に必要なこととしては

  • 消費者からお金を得るためには何を提供すればよいか
    世の人々が求めている物、現在流行っている物などニーズを調べることから始まります。

 

  • どのような商品やサービスを提供すればよいか
    誰もが知っている、すでに持っている物では収入に結びつかないこともあります。

 

お客様のニーズや市場リサーチは重要です。参入するマーケットを間違えると利益がでないということになりますので、慎重に検討したいところです。 

 

また、単に商品を提供するだけではなく、提供する商品の価値観や商品を購入することで得られるサービスなどを缶がなければなりません。

  • 事業所名や事業主名をどのようにして広めればよいか
    商品やサービスを提供する前に、製造元であることまたは販売元であることをしっかりと広める必要があります。

 

またその手段を考えなければなりません。

宣伝のために、どのくらいの予算でどのくらいの期間、広告宣伝を行うのか、どのような手段で宣伝を行うのがよいのかなどです。

  • 商品とサービスを提供するにあたってどのくらいの価格にするのか
    1つの商品を製造するには、完成品となるまでのコストがかかります。

 

かかったコストに事業としての利益や製造元への手数料等を上乗せして売価を決めます。

決定した売価が消費者に果たして受け入れられるものかどうかを見極める必要があります。

以上の4つの点について必要な知識を得ることと知識習得のためには体験することも有効です。

これは必ず知っておきたい!商品の種類は「有形」と「無形」

2017.07.26

 

事業主となる自分の性格を見極めて事業に活かすこと

事業主としてどのようなスタイルで運営していくのかという点では、事業主自身の性格を知ることも大切です。

 

  • 事業を行う際には対面する機会を主体しておこなっていくのか、対面する機会を少なくして事業をすすめていくのかどうか
  • 存在感を十分にアピールしながら、自分というものを全面的に出してビジネスをするのか、あくまで縁の下の力持ち的に裏方側でコツコツ関わりながら運営していくのかどうか

 

上記のいずれかでの行動パターンをそこそこにこなしている事業主も存在しますが、その場その場で対応を考えながら、取引先とかかわっていくのがよいのかもしれません。

 

独立起業することについて家族や親戚、兄弟姉妹などの理解を得ること

独身であれば、両親や兄弟姉妹に、独立起業する旨の一報は入れたほうがよいかもしれません。

家族と生活するうえで、主に生活を支える立場にある場合は、独立開業する前に家族会議を開いて理解を得ることが大切です。

 

子どもが小さいうちはよいと思いますが、保育所や幼稚園などに入園し始めると保育費など子どものための教育費がかかることになります。

安定した収入のあるサラリーマンの場合は、教育費を負担するにも一定の収入があるので生活面もやりくりできます。

 

しかし、独立開業となれば、サラリーマン時代の収入以下になることまたは収入ゼロとなることも考えられるため、家族からの反対意見もあるかもしれません。

反対されることを覚悟のうえで、独立開業することでどのような生活スタイルを予測できるのか、毎月の収入額など、独立開業したいという気持ちだけが先行することなく、きちんとした情報をまとめて、理解を得ることがとても大切です。

他のことよりも優先して話し合いをすることも考えなければなりません。

【コンコルド効果まとめ】徹底的に無駄をなくす

2018.01.30

 

まとめ

いかがでしたか。

独立開業するにあたっては、方法論としてはたくさんあります。

サラリーマンのうちに、目標額を設定し、会社設立のための資金をコツコツ貯めておく方法や1年以上かけて事業計画を立て、銀行などの金融機関からの借り入れもしくは助成制度へ申請を行うなどして周りを固めていきます。

 

次に考えられることは、起業するにあたっては、家族の理解を得ることです。

万が一、収入がゼロになっても生活を維持できるほどの貯蓄があれば、当面は心配もなくなるものと感じますが、一時的なものでしかありませんので、金融機関の協力を得ながら事業資金を確保していかければなりません。

独立開業するということは、サラリーマンと違って、相当の覚悟が必要なのかもしれません。っっd

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です