DRMで「売れる商品」と「売れない商品」を徹底解説

この記事ではマーケティング手法であるDRMを活用して売れる商品と売れない商品について徹底解説しています。

この記事を読むことであなた自身が販売しようとしている商品がDRMで売れるのかということを深く理解することができるようになります。

それでは早速解説していきます。

 

最速で月収100万稼ぐ4つのメソッド

ビジネス未経験者でも1日20分という時間だけで最速で月収100万稼ぐ4つのメソッドを完全無料で公開します。慣れてくれば月100万、200万と倍々で増えていくことができるのが特徴です。4つのメソッゾは簡単、時間がいらない、初心者でもOKというのが特徴です。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

DRMの本質を理解する

DRMを活用して情報商材の販促に活用している人、メールマガジンで情報商材をアフィリエイトしている人は非常に多く存在します。

 

  • DRM = インターネットで情報商材を売るためのマーケティング手法
  • メールマガジンアフィリエイト = 情報商材のアフィリエイト

 

という捉え方をしている人が少なくないようです。

DRMやメールマガジンアフィリエイトは、必ずしも情報商材を主に取り扱うというのではなく、情報商材以外にも活用できる余地は大いにあります。

 

これまでの話をまとめると「DRM」や「メールマガジン」を介して、

「絶対的に売る事ができないもの」

というのは、商品やサービスを問わず、基本的にありません。

 

それが形のある商品でも形のない情報商材、それが何らかのサービスであったとしてもDRMやメールマガジンアフィリエイトで「売れないものはない」と断言できます。

「売ることができないもの」がないとわかりましたので、「売れる商品」や「売れない商品」について調査してみましょう。」

リストマーケティングを学び自動化してリストを集める方法

2017.09.20

 

DRMで売れる商品とは?

女子高生や駅前通りでアンケートを行った結果、必需品として多くの声が上がった日用品を開発して商品化したら、まったく売れなかったなどということもあります。

反対に「バカ売れ」することもあります。

 

「売れる商品」とは、DRMやメールマガジンへ登録した見込み客に、アンケートの声によって商品を開発し、商品化されたことを十分に浸透させます。

購買意欲のある見込み客には、本来の価格を決めるために、送料込みの500円やその他お試し品として送料込みの手ごろな価格で販促します。

 

実際に手に取って実体験をしていただいた結果をアンケートで集約し、実売するときの参考情報として商品に反映させ、DRMやメールマガジン等で販促する情報を流して、商品に見合った価格で販売します。

一定期間、販売状況を確認しながら、この商品を購入したいという購買意欲を高めていきながら、次の商品化を検討していく。

商品を購入された方に商品に関する意見などを聴取して、メールマガジンなどで意見を公開するなど読者となっている方へ情報提供していきます。

 

これらについては

  • 販促における「価格帯」~高額な商品である
  • 販促おける「クロージング」の必要性~購買意欲を高める宣伝効果がある
  • 販促における教育の必要性~実購入者の意見を取り入れてDRMやメールマガジン等で公開するなど

上記の3つが判断基準となっています。

 

【報酬別】ネットビジネスで稼げるジャンル

2018.09.23

 

DRMでは売れない商品とは?

「売れない商品」とは、DRMやメールマガジンへ登録した見込み客に、アンケートの声によって商品を開発しても商品化されたことを浸透させていない。

購買意欲のある見込み客に対して、本来の価格を決めるためにお試し価格などを提示することなく、初めから安価な価格で販促している。

 

一定期間、販売状況を確認しながらも購買意欲を高めるような販促活動を一切行わない。

販売者と購入者の関係は、販売すればすべて終了というスタイルでそれ以上の追及や探求がない。

これらについては

  • 販促における「価格帯」~安価な商品である
  • 販促おける「クロージング」の必要性~必要としない
  • 販促における教育の必要性~必要としない

 

上記の3つの判断基準では、安価な商品を提供しているという点では消費者も気になる点ではありますが、それ以上の追及がありませんので、販促をかけても「売れない商品」となってしまうことは否定できません。

 

DRMの仕組みとメリット・デメリット

2018.11.06

 

まとめ

いかがでしたか。

「売れる商品」は、高額でも安価でも売れ筋の高い商品は、在庫不足になるほど売れます。

消費者が知識を十分に持っている商品は、クロージングも教育も必要がありません。

 

高額な商品は、すぐに購入とはなりませんので、段階を経て商品知識を蓄積することから始め、その商品の特徴や使い勝手などの意見を聴取することでさらに良い商品を開発することもできます。

「売れない商品」は、商品を製造している又は開発している会社や工場がすでに生産を中止しているなど、3つの基準以外でも要因はあるものと感じます。

わざわざ売れない商品を開発することはないと考えていますが、見込み客からの情報やアイディアから商品開発をする場合は、十分な下調べが必要のようです。




ネットビジネスの教科書
Rich Life(人生を豊かに)

ブログでは公開されていない、さらにハイレベルなネットビジネスの知識、ノウハウをご提供います。このRich Lifeを活用することで月収100万の高い領域にいくことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です