*メールアドレス

会社員から在宅ワークになるメリット・デメリットまとめ

この記事では会社員から在宅ワークになるメリット・デメリットまとめについてお伝えしていきます。

副業時代だからこそ会社員が在宅ワークをする意味があります。取り組む前に全体的なイメージとしてメリット・デメリットをお伝えします。

それではさっそく解説していきます。

 

集客・売上アップに人気のアメブロアクセスupサービス

集客や知名度アップはインフルエンサー・ビジネス実践者・ブロガーにとっては非常に重要なことです。

今、芸能人や有名ブロガー、法人企業などが率先して導入しているのがアメブロのランキングを上位表示させることができるサービスです。SNSのフォロワーをお金で買うように、アメブロのランキングをお金で買うことができる画期的なサービスとなっています。

✔︎無料:最速で月100万稼ぐ4つのメソッド

 

在宅ワークをやる意味とは?

時代の流れとともに働き方が変わってきました。

IT技術が発達した現在では在宅ワークを導入するもしくは副業として在宅ワークを民止めている企業が次第に増えています。

家事、子育て、介護など仕事と両立するために在宅ワークを選ぶ人も多く、会社にとっても優秀な人材を手放さずに済むので、双方にメリットがある働き方を言えるのではないでしょうか。

 

では具体的に在宅ワークにどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのか、そして会社勤務とどのような点が異なるのか、それぞれの特徴を比較しながら解説していきます。

在宅ワークに興味がある方はぜひ参考にしてください。

ネットビジネスで月100万最速で稼ぐ4ステップ

2018.03.15

 

会社員であることのメリット

会社勤めの会社員にとって働くことのメリットは次の通りです。

  • 生活保障のある安心感を保持できる
  • 会社業務のなかでは役割が決まっている
  • 給料支払いを受けながらスキルを磨くことができる

それでは早速解説していきます。

 

生活保障のある安心感を保持できる

会社員は、会社と雇用関係を結び、毎月ほぼ一定額の給料が銀行口座に振り込まれるようになり、安定した収入を得ることができます。

また、勤続年数によって付与される有給休暇、給与所得から控除される社会保険による社会保障、退職金制度など、さまざまな保障をうけることができます。

 

会社業務のなかでは役割が決まっている

会社では、担当業務の割り当てがあり、担当以外のことは、それぞれの担当者が行うため、担当業務に集中することができます。

独立すると、会社員のような担当業務とはならず、事業主としての届け出から代金の回収や税金の計算・申告などすべての業務をこなさなければなりません。

 

給料支払いを受けながらスキルを磨くことができる

会社では、給料支払いをうけながら専門スキルを磨くと同時に実践的なキャリアを積むことができます。

サラリーマンにおすすめの副業5選

2018.08.17

 

会社員であることのデメリット

会社員であることのデメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 仕事内容や上司、先輩、部下などの選択の自由がない
  • 業務に対する成果があっても思うような評価を得ることができない
  • 人間関係に悩まされることがある

それでは早速解説していきます。

 

仕事内容や上司、先輩、部下などの選択の自由がない

『仕事内容』『上司』『部下』など、あらゆることが会社によって決定されるため、選択の自由がありません。

また、入社時は、経験を積むためと希望する部署や職種とは異なる部署へ配属されることもあります。

会社の方針、上司の命令には、原則的に従わなければならず、自己の考え方が合わなくとも、人間関係がうまくいかなくとも業務をすすめなければなりません。

 

業務に対する成果があっても思うような評価を得ることができない

利潤追求を目的とする会社にとっては、どれだけ貢献したかで評価されますが、難解な業務をこなしてもいつも以上に業務をこなしても会社として評価を出すため、思うような評価が得られるとは限りません。

 

人間関係に悩まされることがある

入社した時はそのようなことはなかったのに、仕事に慣れ始めると職場の人間関係が悪化して転職を考える方もおいでになるでしょう。

仕事自体は特に違和感もなく、黙々とこなしていても、人間関係がうまくいっていないと、その職場で働くことが精神的なストレスになってしまいます。

 

職場にはどういうわけか相性がどうしても合わない人もいるので、それでも仕事を続ける必要があるため、職場の人間関係というのはなかなか難しいものです。

毎日の日課でもある会社への出勤がとても辛くて悩んでいるのであれば、早めに上司に相談するなり、配属替えを希望する、それが叶わなければ転職や在宅ワークを選択する方法を考えたほうがよいかもしれません。

すべての会社が在宅ワークを導入しているとは限りませんが、会社が在宅ワークを導入しているなら、切り替えるのも解決方法の一つです。

 

まだまだ、たくさんのメリット、デメリットはありますが、その中の代表的なものを採り上げてみました。

続きまして、会社員から在宅ワークになった場合のメリット・デメリットについて解説します。

ネットビジネスでサラリーマンが成功するための10の鉄則

2018.08.17

 

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットについてお伝えしていきます。

  • 自由な時間に働ける
  • 場所の制約がない
  • 通勤の必要がなく、通勤ラッシュのストレスがない
  • 自分の得意分野が活かせる
  • 成果が分かりやすく、達成感がある

 

自由な時間に働ける

在宅ワークでは「9時~18時」というような勤務時間が決まっていません。

予定や都合に合わせて空いた時間に仕事をすることができます。

育児や家事、介護などと仕事を両立したい方や一日の中でまとまった時間が取れない方にとっては、自由な時間で働くことができるという大きなメリットがあります。

 

場所の制約がない

作業用のパソコンとインターネット環境が整っていれば、できる仕事も多いため、場所にとらわれず仕事ができます。

また自宅以外でも気分転換を兼ねて、お気に入りのカフェで仕事するといったことも可能です。

作業場所について自由度が高いという点はとても魅力です。

また、家族の転勤や引っ越しなどで住居が変わっても、移転先でインターネット環境が整っていれば、継続して働くことができるというメリットもあります。

 

通勤の必要がなく、通勤ラッシュのストレスがない

自宅で仕事ができるという点では、会社への出勤がない分、朝の通勤ラッシュにも合わず、早朝に起床して着替えて出かけるといったこともないので、ストレスフリーになります。

 

自分の得意分野が活かせる

自分の得意分野を十分に活かして、自由なスタイルで仕事をすることができます。

在宅ワークに多い仕事には『ライティング』や『データ入力』、『テープおこし』などがあります。

なかでも『翻訳』や『WEBデザイン』『ネットワーク管理』などは経験と実績、専門知識を必要とする仕事のため、報酬も上がります。

ライティングの場合は、初心者向きとある程度経験を持っていてかつ専門性を必要とする案件があるので、初心者でも得意分野を持っている方でも活躍の場が広がります。

 

成果が分かりやすく、達成感がある

受注から納品まで、すべて一人でこなすため、納品を終えたときには達成感があります。

また、月末払いの案件もありますが、必要納品数によって完了が認められると即時支払いとなる案件もあるため、短期間で収入となるのも大変魅力です。

在宅ワークの副業で月5万円を確実に稼ぐ2つの方法

2018.09.01

 

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットは以下の通りとなります。

  • 作業が長時間や深夜になることもあります
  • 社会保険や税金などの手続きや支払いは自分でする
  • 自己負担するコストが発生する
  • 定期的な収入を確保するには努力が必要
  • すべてが自己責任である

それでは早速解説していきます。

 

作業が長時間や深夜になることもあります

会社員であるときは就業時間、出社時間、帰社時間などは規則によって定められていますが、在宅ワークは自由スタイルであることから、作業開始時間も終了時間も不規則になります。

納品日が間近に迫っているときなどは、翌日まで持ち越すのではなく、できるだけ多くの案件を仕上げようと深夜までかかることもあります。

不規則なると体調にも変化が表れることから計画性を持った作業を行う必要があります。

 

社会保険や税金などの手続きや支払いは自分でする

在宅ワークによって得た収入は、事業収入となり、その額から所得税、社会保険等々を控除して、各種税金および保険料等を納めなければなりません。

会社員である間は、経理担当者が天引きした所得税や社会保険料を納付してくれますが、在宅ワークになると、確定申告を行って事業主のあなたが納めることになります。

 

自己負担するコストが発生する

パソコンやプリンターの購入費、通信費、光熱費などすべて負担することになります。

毎月かかる固定費として毎月の収入から予算を確保する必要があります。

 

定期的な収入を確保するには努力が必要

月給制の会社員とは全く異なり、在宅ワークについては納品数に応じた収入となります。

毎月定額であればよいのですが、案件によっては発注者の都合により途中終了となることもあります。

そうなると月によっては無収入となることもあります。

無収入では固定費を支払うことができなくなるため、1か月間に引き受けることのできる件数を思索したうえで、提示された件数を納品して毎月の収入を確保する努力が必要になります。

 

すべてが自己責任である

会社勤めのときは、何か事が起きると会社が責任を負ってくれますが、在宅ワークの場合は事業主であるあなたが全責任を負うことになります。

作業中の予期しないトラブルが発生しても納期を遅らせることは、発注者との信頼関係を失うことになるため、是が非でも納期日に納めなければなりません。

また会社では成果を上げてもなかなか評価されなかったことも、在宅ワークはその働きによって発注者や世間からの評価をうけることになります。

【報酬別】ネットビジネスで稼げるジャンル

2018.09.23

 

まとめ

いかがでしたか。

会社員であるあなた自身が在宅ワークを始めるときは、まず、1件でもよいのでチャレンジしてみることをおすすめします。

いざ応募してテストライティングをおこなったものの「できない」と感じることもあるかもしれませんが、初心者の方でも経験者であっても提示されたマニュアルをしっかり読みこなすことです。

 

その次に疑問に思ったことは、どんなに小さなことでも質問して指示を仰ぐことです。

この動きがないとほかに応募している方との差がありませんので、最終的にはライティング記事の内容で判断されて、採用されないことも考えられます。

報・連・相がしっかりできるかどうかという評価になりますので、質問をしながら多少の世間話などをしてコミュニケーション力をアピールするとよいでしょう。

 

定期配信のビジネスLINE通信

私の公式LINEでは週4回ビジネスに関する有益な情報を無料で配信しています。

LINE通信ではブログでは公開していない、さらにレベルの高い異次元の情報を配信していますので、もっとネットビジネスについて学びたい、本格的に稼いでいきたいという方は下記よりご登録ください。

✔︎無料:ビジネスLINE通信をワンクリックで追加する

※今パソコンでみている方はスマホより「@mosa」とID検索してください。(@をお忘れなく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です